採用情報

研究員

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所

港湾空港技術研究所 研究官の募集について

概要 当所は、港湾・空港等の整備に関する調査、研究ならびに技術の開発等を担うわが国唯一の公的研究機関です。具体的には、防災、環境、インフラの維持管理及び整備等に関する研究・開発を実施して参りました。近年は、さらにAI等のICTを広く活用し、インフラ整備にかかる革新的な生産性向上を図るための研究開発を進めています。このため、当所は、幅広い視野と見識を涵養し、深い専門知識と優れた研究能力、さらに研究成果を社会に広く還元する行動力を兼ね備えた幹部職員となり得る人材を求めています。このような資質を持ち、長期的展望に基づいて自律的に研究することができる者を当所の研究職員として募集します。
応募資格

以下の1及び2に該当する方

1. 令和3年3月までに、大学卒業・同卒業見込み、または、大学院修士課程以上を修了・同修了見込みの方(既卒者を含みます。)

2.  令和元年度までの国家公務員採用総合職試験(工学又は数理科学・物理・地球科学)に合格された方、若しくは令和2年度の国家公務員採用総合職試験(工学又は数理科学・物理・地球科学)を受験される方

注:令和2年度の国家公務員採用総合職試験(工学又は数理科学・物理・地球科学)受験者は、最終的に当該試験最終合格者であることが採用条件となります。 
採用
予定日 
令和3年4月1日
任期 任期の定めのない定年制
選考方法

書類選考を行ったうえで、面接試験を実施します。

   面接実施日:令和2年8月24日(月)

公募状況

募集期間:      令和2年7月20日(月)~8月19日(水)

採用予定数:   研究官 若干名

詳細: 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所 研究員の募集(PDF)
研究所について  研究所案内(PDF)

 

任期付研究員

 
 現在、募集を行っていません。
 

専任研究員

【海洋情報・津波研究領域 海洋環境情報研究グループ】 

概要 募集を行う研究領域に関する高度の専門的知識や技術を有し、自律的に研究活動を展開することが出来る方を求めています。
応募資格                        以下の条件を満たす方

博士号の学位を有すること。生態学もしくは海洋環境に関する研究実績を有すること。研究実績については、これらのうちどちらかを有していればよく、港湾に係るものである必要はない。ただし、研究の目標から逸脱しない範囲で研究内容を自発的に提案できる方が望ましい。

採用予定日  令和2年10月1日以降可能な限り早い時期
任期 

採用日~令和3年3月31日(雇用期間更新:有 令和5年3月31日まで) 

 選考方法 書類選考を行ったうえで、面接試験を実施します。
詳細等 
 

特別事務員


 【東京事務所】 
概要 委託研究契約に係る契約及び精算業務のチェック、知財関連業務関わる資料の作成、事務管理費関係の予算等のチェックなどの業務。
 応募資格

以下の条件を満たす方

学校教育法による大学又は高等専門学校を卒業した者で、公的機関が行う委託研究契約に関わる実務、知財関連業務について通算5年以上の経験があること、又は同程度の能力を有していると当研究所が認めた者。

エクセル(表計算)、ワード、パワーポイント等のソフトの操作ができる者。

採用予定日 令和2年8月1日以降可能な限り早い時期
 任期

採用日~令和3年3月31日(雇用期間更新:有 令和5年3月31日まで) 

選考方法 書類選考を行ったうえで、面接試験を実施します。 
 詳細等
 
 

 

お問い合わせ先

国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 (港湾空港技術研究所) 管理調整・防災部 管理課 職員係

  • 電話:046-844-5010(代表)
  • FAX:046-841-8307

 

ページの先頭へ戻る