港湾施設の点検診断の高度化・省力化に向けた検討

 港湾施設の点検診断では、施設の性能に及ぼす影響が大きく、かつ、目視で確認できる変状を対象として、陸上や海上から目視調査が行われます。また、潜水士による水中部の目視調査や、機器等を用いた詳細調査が行われることもあります。しかし、点検の実施は、波浪や潮汐などの海象状況や、船舶の係留や荷役作業などの施設の利用状況に大きく影響されます。また、これまでのとおりの目視調査に頼る点検診断が、必ずしも合理的な維持管理に繋がるとは限りません。海象や利用状況に左右されず、点検者がアクセスできない部位についても、客観的・定量的なデータが得られるような点検診断が必要に応じて実施されることが望まれています。
 そこで、当研究所では港湾施設の点検診断の高度化・省力化に向けた検討を行っています。

 

港湾施設の点検診断の高度化・省力化のイメージ

ページの先頭へ戻る