研究所の概要

1. 研究所の沿革

港湾空港技術研究所は、国土交通省傘下の独立行政法人である。港湾・空港の整備等に関する研究、そしてそれが位置する沿岸域や海洋に関する研究を実施している。研究所は、1946年に運輸省鉄道技術研究所の港湾研究室として発足し、1950年に、運輸技術研究所の発足に伴いその一部となっている。1962年には、運輸省港湾技術研究所として独立し、2001年の行政改革で、独立行政法人となっている。2015年には、国立研究開発法人と位置づけられた。2016年には、海上技術安全研究所、電子航法研究所と統合し、海上・港湾・航空技術研究所となる。

港湾空港技術研究所は、東京から南に約50kmの横須賀市にあり、東京から約一時間(最寄駅:京浜急行久里浜駅)である。研究所は、1853年にペリーが来航した久里浜湾にあり、美しい東京湾の浦賀水道と房総半島を望むことができる。研究所には、ほぼ長さ400m、幅200mの敷地の中に多くの実験棟と研究管理棟があり、定員100名の職員と多く関係者が働いている。港湾空港技術研究所は、港空研と呼ばれ、世界的には港と海の研究所、PARI(Port and Airport Research Institute)として知られている。

2. 研究業務

(1) 研究の特徴

  1. 世界に貢献する研究
    港の技術、海の技術は世界共通であり、我が国はこの分野で世界の最先端の技術を持つ国の一つである。港湾空港技術研究所も、世界最高水準の研究、イノベィティブな研究によって世界に貢献することを目標にしている。
  2. 二兎を追う研究
    世界に貢献する研究を実施するためには、その研究水準・研究成果が国の内外で高く評価される質の高い研究、および、その成果が実務に役立つ研究の二つのタイプの研究が重要であり、これら双方の研究(二兎を追う研究)を推進している。ただし、高いレベルで実務に役立つためには、応用・開発研究だけでなく基礎的研究も重要である。特に、現地観測施設を用いて長期間にわたる波浪・地震・海浜変形等のデータの収集・分析を行っている。また、大型の実験施設を用いて、波・地盤・構造物の力学的挙動等の原理・現象の解明にも取り組んでいる。 

(2) 研究開発課題とテーマ研究分野

   研究開発課題1:沿岸域における災害の軽減と復旧

  • 1A 地震災害の軽減や復旧に関する研究開発
  • 1B 津波災害の軽減や復旧に関する研究開発
  • 1C 高潮・高波災害の軽減や復旧に関する研究開発

研究開発課題2:産業と国民生活を支えるストックの形成

  • 2A 国際競争力確保のための港湾や空港機能の強化に関する研究開発
  • 2B インフラのライフサイクルマネジメントに関する研究開発
  • 2C インフラの有効活用に関する研究開発

研究開発課題3:海洋権益の保全と海洋の利活用

  • 3A 海洋の開発と利用に関する研究開発

研究開発課題4:海域環境の形成と利用

  • 4A 沿岸生態系の保全や活用に関する研究開発
  • 4B 沿岸地形の形成や維持に関する研究開発

3.住所

 〒239-0826 神奈川県横須賀市長瀬 3-1-1
TEL : 046-844-5010

ページの先頭へ戻る