国際貢献

港湾空港技術研究所は、災害時に被災地へ研究者を派遣し、被災原因の究明、復旧等に必要な技術指導等を実施するとともに、防災に関するワークショップを開催し、技術の発展と普及を図る。
スマトラ沖地震・津波、ハリケーン・カトリーナ高潮、ハリケーン・サンディ高潮など、海外の高潮・津波災害に対しても合同調査団等として、研究者を派遣している。

海外における津波・高潮災害調査


チリ地震・津波(平成22年)

ハリケーン・サンディ高潮調査(平成24年)

海外における津波・高潮災害調査実績

名称 派遣国 派遣
台風メミによる高潮(2003年9月12日) 韓国(馬山) 1名
インドネシア・スマトラ沖大地震及びインド洋津波(2004年12月26日) タイ、スリランカ、モルティブ 13名
ハリケーン・カトリーナによる高潮(2005年8月29日) アメリカ 3名
インドネシア・ジャワ島津波(2006年7月17日) インドネシア 2名
ソロモン諸島地震津波(2007年4月2日) ソロモン諸島 2名
スマトラ島西南沖地震津波(2007年9月12日) インドネシア 2名
サイクロン・ナルギスによる高潮(2008年5月2日) ミャンマー 1名
サモア諸島津波(2009年9月30日) サモア 3名
チリ地震・津波(2010年2月27日) チリ 8名
スマトラ南部地震津波(2010年10月25日) インドネシア 2名
ハリケーン・サンディによる高潮(2012年10月29日) アメリカ 3名
台風ヨランダによる高潮(2013年11月8日) フィリピン 4名
チリ・イキケ沖地震・津波(2014年4月1日) チリ 1名
チリ中部沖地震・津波(2015年9月17日) チリ 3名

JST-JICA地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(日本とチリ共和国との共同研究) 

  • 津波に強い地域づくり技術の向上に関する研究プロジェクト(SATREPS) 2011-2015


両国の研究者による意見交換

2010年チリ地震・津波によって
浸水したチリ中部、ディチャット

 
 

 

ページの先頭へ戻る