細川 真也

名前:細川真也(ほそかわ しんや) 

所属:国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所

   港湾空港技術研究所 海洋情報・津波研究領域

    海洋環境情報研究グループ

連絡先:

 

 

専門分野:生態学,水理学

所属学会:土木学会,日本生態学会

 

最終更新日:平成29年11月29日

 経歴

  • 2016年 4月:現所属 主任研究官
  • 2014年12月-2015年10月:オーストラリア連邦科学産業研究機構 客員研究員
  • 2014年 4月:(独)港湾空港技術研究所 海洋環境情報研究チーム 主任研究官
  • 2013年 9月:(独)港湾空港技術研究所 沿岸環境研究チーム 主任研究官
  • 2012年 4月:国土交通省港湾局技術企画課技術監理室 課長補佐
  • 2012年 3月:博士(環境科学),北海道大学大学院環境科学院生物圏科学(担当教官:仲岡雅裕教授)
  • 2010年 4月:主任研究官
  • 2003年 4月:国土交通省入省,(独)港湾空港技術研究所へ出向、海洋・水工部沿岸生態研究室 研究官
  • 2003年 3月:広島大学大学院工学研究科,修了
  • 2001年 3月:広島大学工学部第四類(建設系),卒業
  • 1999年 3月:神戸市立工業高等専門学校都市工学科,卒業

発表論文および要旨

国際学術誌

  • Hosokawa, S., S. Konuma, Y. Nakamura (2016) Accumulation of trace metal elements (Cu, Zn, Cd, and Pb) in surface sediment via decomposed seagrass leaves: A mesocosm experiment using Zostera marina L., PLoS ONE, 11: e0157983. doi:10.1371/journal.pone.0157983 (Link to the abstract page).
  • van Katwijk, M. M., A. Thorhang, N. Marbà, R. J. Orth, C. M. Duarte, G. A. Kendrick, I. H. J. Althuizen, E. Balestri, G. Bernard, M. L. Cambridge, A. Cunha, C. Durance, W. Giesen, Q. Han, S. Hosokawa, W. Kiswara, T. Komatsu, C. Lardicci, K. S. Lee, A. Meinesz, M. Nakaoka, K. R. O'Brien, E. I. Paling, C. Pickerell, A. M. A. Ransijn, J. J. Verduin (2015) Global analysis of seagrass restoration: the importance of large-scale planting, Journal of Applied Ecology
  • Hosokawa, S., M. Nakaoka, E. Miyoshi, T. Kuwae (2015) Seed dispersal in the seagrass Zostera marina is mostly within the parent bed in a protected bay, Marine Ecology Progress Series, 523, 41-56 (Link to the abstract page).
  • Tokoro, T. S. Hosokawa, E. Miyoshi, K. Tada, K. Watanabe, S. Montani, H. Kayanne, T. Kuwae (2014) Net uptake of atmospheric CO2 by coastal submerged aquatic vegetation, Global Change Biology, 20, 1873-1884.
  • Kuwae, T., E. Miyoshi, S. Hosokawa, K. Ichimi, J. Hosoya, T. Amano, T. Moriya, M. Kondoh, R. C. Ydenberg, R. W. Elner (2012) Variable and complex food web structures revealed by exploring missing trophic links between birds and biofilm, Ecology Letters, 15, 347-356 (PDF).
  • Hosokawa, S. (2011) A model for measuring leaf growth rate of vegetative shoots in the seagrass, Zostera marina, Ecological Modelling, 222, 105-111 (Link to the abstract page).
  • Hosokawa, S., Y. Nakamura, T. Kuwae (2009) Increasing temperature induces shorter leaf life span in an aquatic plant, Oikos, 118, 1158-1163 (Link to the abstract page).
  • Yamamuro, M., J. Hiratsuka, Y. Ishitobi, S. Hosokawa and Y. Nakamura (2006). Ecosystem shift resulting from loss of eelgrass and other submerged aquatic vegetation in two estuarine lagoons, Lake Nakaumi and Lake Shinji, Japan, Journal of Oceanography, 62, 551-558 (Link to the abstract page).

国内学術誌

  • 三戸勇吾・細川真也・菅野孝則・井上徹教・池田高則・箕作幸治:松永湾における底生生物の種の豊富さと相補性の評価,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.73,No.2,ppI_1351-I_1356,2017.
  • 細川真也:アマモ場の再生方法についての検討と今後の課題,港湾空港技術研究所資料,No. 1332, pp24, 2017. 3 (PDF).
  • 細川真也:群集の補完性の解析手法の開発と既存の底生生物データへの適用,港湾空港技術研究所資料,No.1330, pp25,2016.12 (PDF).(第3章解析プログラム一式,第4章解析プログラム一式)
  • 細川真也:地方と地域によるばらつきを考慮した港湾域における底生動物種数と関係する底質の推定,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.70,No.1,pp65-78,2014(PDF).
  • 所立樹・細川真也・三好英一・門谷茂・茅根創・桑江朝比呂:沿岸域のブルーカーボンと大気中CO2の吸収との関連性に関する現地調査と解析,港湾空港技術研究所報告,Vol.52,No.1,pp3-49,2013.3.
  • 細川真也・仲岡雅裕・三好英一・桑江朝比呂:アマモ分布域の拡大とそれを支える種子散布,港湾空港技術研究所報告,Vol.49,No.3,pp31-49,2010.9.
  • 細川真也・井上徹教・内藤了二・中村由行・西村大司・長谷川雅弘:現地調査に適したアマモ生長量推定方法の開発,海岸工学論文集,第55巻,pp1041-1045,2008.10.
  • 神尾光一郎・中村由行・細川真也:夏季同時観測による東京湾奥部と湾口部におけるアマモ生育条件の比較,海岸工学論文集,第55巻,pp1036-1040,2008.10.
  • 細川真也・井上徹教・内藤了二・中村由行:現地調査に適したアマモ生長量推定方法の開発,港湾空港技術研究所報告,Vol.47,No.3,pp31-53,2008.9.
  • 井上徹教・細川真也・内村真之・神尾光一郎:サンゴ礁-海草藻場間でのリン・窒素輸送に関する現地観測,港湾空港技術研究所資料,No.1148,pp46,2006.12.
  • 村上晴通・中村由行・細川真也:尼崎港人工干潟におけるアサリ定着を目指した順応的管理に関する実践的研究,海洋開発論文集,Vol.22,pp51-56,2006.7.
  • 中村由行・村上晴通・細川真也:尼崎港に造成された人工干潟における順応的管理手法の適用性に関する研究,港湾空港技術研究所資料,No.1127,pp32,2006.6.
  • 中村由行・細川真也・神尾光一郎:メソコスム水槽を用いた光環境がアマモの生長に及ぼす影響に関する研究,海岸工学論文集,第52巻,pp1006-1010,2005.10.
  • 神尾光一郎・中村由行・三好英一・桑江朝比呂・細川真也:ラグランジュ及びオイラー的手法を併用した干潟潮間帯―潮下帯の水質応答特性に関する現地観測,海岸工学論文集,第52巻,pp996-1000,2005.10.
  • 細川真也・三好英一・内村真之・中村由行:メソコスム水槽におけるアマモ地上部の現存量と生長・脱落速度の季節変動,港湾空港技術研究所報告,Vol.45,No.3,pp25-45,2006.9.
  • 中村由行・細川真也・三好英一・桑江朝比呂・小沼晋・井上徹教・神尾光一郎:メソコスム実験水槽を用いたアマモの生育限界光量に関する研究,港湾空港技術研究所資料,No.1108,pp23,2005.9.
  • 村上晴通・細川真也・中村由行・石垣衛:過栄養で静穏な港内の人工干潟における二枚貝の生息環境について,海岸工学論文集,第51巻,pp1186-1190,2004.10.
  • 福岡捷二・渡邊明英・細川真也・泊宏・京才俊則:河道におけるタンカーの造る航走波の特性と離岸堤による河岸防護効果,水工学論文集,第46巻,pp445-450,2002.2.
  • 福岡捷二・仲本吉宏・細川真也・泊宏・京才俊則:ヨシ原河岸をもつ河道における航走波のエネルギー分布特性,河川技術論文集,第7巻,pp279-284,2001.6.

国際学会要旨

  • Hosokawa, S., A. A. Chariton (2016). The effect of sediment structure on the diversity of benthic marine animals in Japan, SETAC-AU 2016 (PDF).
  • Hosokawa, S. (2009). A new model for estimating leaf growth rate in eelgrass, CERF 2009.
  • Hosokawa, S., Y. Nakamura (2007). Branching and mortality of eelgrass shoots examined by indoor mesocosm experiments, ERF 2007.
  • Hosokawa, S., Y. Nakamura (2006). Seasonal variations of net production rate and defluxion rate on blade of eelgrass, ASLO summer meeting 2006.
  • Hosokawa, S., Y. Nakamura (2005). Mesocosm experiment and numerical modeling on the growth of eelgrass Zostera marina, Proceedings of the 5th Japan-Korea Joint Workshop on Tidal Flats.

国内学会要旨

  • 松井智希・田中陽二・細川真也:大島干潟造成後における周辺浅場の生物多様性の変化,第52回日本水環境学会年会,2017.3.
  • 細川真也・宮田正史・青木伸之・鴨打浩一:津波に対して粘り強い港湾構造物の設計手法に関する研究,国土技術研究会,2012.11.
  • 細川真也・中村由行・西村大司・長谷川雅弘:現地調査に適した海草生長量の推定方法,第56回日本生態学会大会,2009.3.
  • 細川真也・中村由行・西村大司・日置幸司・中出浩靖:アマモ実生株の分布を決める要因,第11回日本水環境学会シンポジウム,2008.9.
  • 細川真也・中村由行・桑江朝比呂:アマモにおける葉面積の環境変化に対する応答,第55回日本生態学会大会,2008.3.
  • 細川真也・中村由行:メソコスム水槽におけるアマモの生産量と枯死量,第54回日本生態学会大会,2007.3.
  • 細川真也:メソコスム実験水槽を用いたアマモの生育限界光量についての検討,国土技術研究会,2005.10. (優秀賞受賞:一般部門 環境)
  • 細川真也・中村由行・神尾光一郎:メソコスム水槽を用いた水温・光環境がアマモの生育に及ぼす影響についての検討,第60回土木学会年次学術講演会,2005.9.

雑誌など

  • 港湾の施設の技術上の基準に関わる最近の動向,港湾,2012.11.
  • 日々雑感,土木施工,Vol.53,No.11,18-20,2012.11.
  • 沿岸生態系を利用した低炭素社会の実現,月刊建設,Vol.54,18-20,2010.3.
  • アマモ場生態系における底泥中重金属の環境影響,HEDORO,No.107,28-31,2010.1.
  • 沿岸域の自然再生にむけた「メソコスム実験」,土木技術,第64巻第8号,94-98,2009.8.
  • 干潟・藻場の保全・再生技術の開発と地球温暖化による影響予測などに関する研究,国土交通 No. 99, 3,2009.3.

獲得した外部競争的資金

  • 鉄鋼業環境保全技術開発基金(水質):底泥に含まれる重金属のアマモ場生態系における生物濃縮過程,2008.11-2010.10

その他

  • 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所ロゴマークのデザイン

ページの先頭へ戻る