材料研究グループ

材料研究グループは、コンクリート、鋼材、各種防食工法などの海洋環境下における長期耐久性について、実環境を模擬した当研究所所有の暴露施設(海水循環水槽、海水シャワー暴露場)や、実海域中にある波崎海洋観測桟橋での暴露試験等を基に、40年以上も前から継続して検討を実施しています。コンクリートの塩害・耐海水性、鋼材の防食工法等に関する多くの研究成果を挙げています。

材料研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野)

ごあいさつ

グループ長 山路 徹
私達は、各種材料の海洋環境下における長期耐久性について、実環境での長期暴露試験を基に研究を実施しています。長期暴露試験は言葉通り時間がかかりますが、得られた成果は研究・実務の両面において非常に貴重です。この長期暴露試験を実施してきた経験、実施できる研究環境は、いずれも私達の大きな強みです。今後も諸先輩が開始した暴露試験を引き継ぎつつ、新たな課題にも精力的に取り組んでいきたいと考えています。
構造研究領域長

研究官 与那嶺 一秀 (土木工学・風工学)

主な研究内容

暴露試験によるコンクリート、鋼材及び各種材料の長期耐久性の評価

コンクリート、鋼材、各種防食工法などの海洋環境下における長期耐久性について、40年以上も前から継続して検討を実施しています。

写真
塩害による劣化(鉄筋腐食)が生じた桟橋上部工スラブ

 

写真
ひび割れが生じたコンクリート中の塩化物イオン分布(EPMA分析結果)

 

港湾鋼構造物の防食方法・防食設計の合理化に関する検討

港湾鋼構造物に適用される電気防食の設計手法の高度化のための検討を行うとともに、防食性能を考慮した被覆防食の設計・維持管理手法について検討を行っています。

写真

海水中および海底土中部に適用される防食方法(電気防食工法)

写真
干満帯,飛沫帯および海上大気中に適用される防食方法(被覆防食工法)

 

研究施設

研究施設の詳細は、「研究施設のご紹介」でご覧いただけます。
長期暴露試験施設
高性能コンクリート実験施設
波崎海洋観測センター

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る