グループ長 髙川 智博

プロフィール

氏名  髙川 智博
役職

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所 グループ長

(海洋情報・津波研究領域 津波高潮研究グループ所属)

研究分野 津波・高潮の数値解析、予測手法の開発
所属学会 土木学会、地震学会

略歴

2002年3月

京都大学理学部理学科卒業(地球惑星科学専攻地質学鉱物学分野)

2004年3月

京都大学大学院理学研究科博士前期課程修了(地球惑星科学専攻地質学鉱物学分野)

2004年4月〜2007年3月

日本学術振興会特別研究員(DC1)
2007年5月 京都大学大学院理学研究科博士後期課程単位修得認定退学

2007年5月〜2011年7月

東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻 助教(海岸・沿岸環境研究室)
2007年7月 京都大学・博士(理学)学位を取得
2011年8月〜2015年3月 (独)港湾空港技術研究所 アジア・太平洋沿岸防災センター 研究官
2015年4月〜2020年3月 (国研)港湾空港技術研究所 津波研究チーム 主任研究官
2019年4月〜2020年3月 オーストラリア国立大学 Visiting Fellow
2020年4月~現在 (国研)海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所 津波高潮研究グループ グループ長 

 

主要発表論文

  • Heidarzadeh, M., T. Harada, K. Satake, T. Ishibe, T. Takagawa (2017) Tsunamis from strike-slip earthquakes in the Wharton Basin, northeast Indian Ocean: March 2016 Mw7.8 event and its relationship with the April 2012 Mw 8.6 event, Geophysical Journal International, 211, 1601–1612, https://doi.org/10.1093/gji/ggx395.
  • Heidarzadeh, M., S. Murotani, K. Satake, T. Takagawa, and T. Saito (2017), Fault size and depth extent of the Ecuador earthquake (Mw 7.8) of 16 April 2016 from teleseismic and tsunami data, Geophys. Res. Lett., 44, 2211–2219, doi:10.1002/2017GL072545.
  • Tomita, T., T. Arikawa, T. Takagawa, K. Honda, Y. Chida, K. Sase, and R.A.O Olivares (2016), Results of post-field survey on the Mw 8.3 Illapel Earthquake Tsunami in 2015, Coast. Eng. J., 58, 1650003.
  • Takagawa, T. and T. Tomita (2014), Effects of rupture processes in an inverse analysis of the tsunami source of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake, International Journal of Offshore and Polar Engineering, 24, 21–27.
  • Liu, H., T. Shimozono, T. Takagawa, A. Okayasu, H.M. Fritz, S. Sato, Y. Tajima (2013) The 11 March 2011 Tohoku tsunami survey in Rikuzentakata and comparison with historical events, Pure and Applied Geophysics, 170, 1033.
  • Shimozono, T., S. Sato, A. Okayasu, Y. Tajima, H.M. Fritz, H. Liu, and T. Takagawa (2012), Propagation and inundation characteristics of the 2011 Tohoku tsunami on the central Sanriku coast, Coast. Eng. J. 54, 1250004.
  • Takagawa, T., Y. Tajima, H. Liu, S. Takewaka, and S. Sato (2011), Dynamic Topograpy changes of sand spit of the Tenryu River mouth due to overtopping waves, Proc. Coastal Sediments 2011, 1217–1228. 
  • 高川智博・富田孝史 (2015) ベイズ情報量基準を用いた確率論的津波浸水予測手法の開発と検証,土木学会論文集B2(海岸工学), 71, I_379-I_384,2015.
  • 高川智博・富田孝史 (2014) 階層ベイズモデルによる津波波源逆解析解の信用区間と観測誤差の同時定量推定, 土木学会論文集B2(海岸工学), 70, I_196-I_200, 2014.
  • 高川智博 (2013) 水の圧縮性と地殻弾性を考慮した津波の分散関係解析:遠地津波予測の精度向上に向けて,土木学会論文集B2(海岸工学), 69,426-430, 2013.
  • 高川智博・富田孝史 (2012) 時間発展を考慮した津波波源逆解析と観測点地盤変動量のリアルタイム推定,土木学会論文集B2 (海岸工学), 68, 311-315, 2012.
  • 高川智博・齋藤正一郎・上山聡・田島芳満・劉海江・武若聡・佐藤愼司 (2010) 台風0918号時の高波浪による天竜川河口砂州周辺の土砂移動実態の解明, 土木学会論文集B2 (海岸工学), 66, 601-605.
  • 高川智博・深瀬祐太朗・劉海江・佐藤愼司 (2008) 地層構造および堆積物分析による天竜川河口周辺の海浜形成過程の考察, 海岸工学論文集, 55, 681-685.

受賞歴

  • 水路技術奨励賞,沖合観測情報に基づくアンサンブル津波予測手法の開発,日本水路協会,2018年2月.
  • 文部科学大臣表彰若手科学者賞,沖合観測データに基づく津波のリアルタイム予測に関する研究,2015年4月.
  • 海岸工学論文賞,階層ベイズモデルによる津波波源逆解析解の信用区間と観測誤差の同時定量推定,土木学会,2014年11月.
  • 海岸工学論文賞,時間発展を考慮した津波波源逆解析と観測点地盤変動量のリアルタイム推定,土木学会,2012年11月.
 

 

ページの先頭へ戻る