研究官 岩本 匠夢

プロフィール

 氏名  岩本 匠夢
役職

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所 研究官

(沿岸水工研究領域 津波高潮研究グループ所属)

研究分野 高潮の数値シミュレーション
所属学会 土木学会,日本気象学会,American Geophysical Union

最終更新 2021年9月

略歴

2014年3月

早稲田大学 創造理工学部 社会環境工学科卒業

2016年3月 早稲田大学大学院 創造理工学研究科 建設工学専攻修士課程修了
2016年4月~現在

国立研究開発法人 海上・港湾・空港技術研究所 港湾空港技術研究所

津波高潮研究グループ 研究官

 

発表論文など

査読付論文

(英文)

  • Tamura, H., Kawaguchi, K., Iwamoto, T., & Fujiki, T. (2021). Coastal destruction and unusual wave spectra induced by Typhoon Faxai in 2019. Coastal Engineering Journal, 63(1), 92-105.
  • Heidarzadeh, M., Iwamoto, T., Takagawa, T., & Takagi, H. (2021). Field surveys and numerical modeling of the August 2016 Typhoon Lionrock along the northeastern coast of Japan: the first typhoon making landfall in Tohoku region. Natural Hazards, 105(1), 1-19.
  • Matsuzaki, Y., Fujiki, T., Kawaguchi, K., Inoue, T., & Iwamoto, T. (2020). Application of the WRF model to the coastal area at Ise Bay, Japan: evaluation of model output sensitivity to input data. Coastal Engineering Journal, 1-15.
  • Nakamura, R., Shibayama, T., Esteban, M., Iwamoto, T., & Nishizaki, S. (2020). Simulations of future typhoons and storm surges around Tokyo Bay using IPCC AR5 RCP 8.5 scenario in multi global climate models. Coastal Engineering Journal, 62(1), 101-127. https://doi.org/10.1080/21664250.2019.1709014
  • Nakamura, R., Shibayama, T., Mikami, T., Esteban, M., Takagi, H., Maell, M., & Iwamoto, T. (2017). Comparison of two recent storm surge events based on results of field surveys. In Proceedings of the International Conference of Global Network for Innovative Technology and AWAM International Conference in Civil Engineering, IGNITE-AICCE 2017.
  • Nakamura, R., Shibayama, T., Esteban, M., & Iwamoto, T. (2016): Future Typhoon and Storm Surges under Different Global Warming Scenarios: Case Study of Typhoon Haiyan (2013), Natural Hazards, 82(3), 1645-1681. 

査読付論文

(和文)

  • 岩本匠夢, & 河合弘泰. (2020). 様々な気象モデルを用いた最大風速半径の小さな台風 1915 号による高潮推算値の比較検討. 土木学会論文集 B3 (海洋開発), 76(2), I_989-I_994.
  • 松尾俊平, 河合弘泰, & 岩本匠夢. (2020). 海洋・波浪結合モデルを用いた沖縄本島沿岸における高波・高潮の同時生起性と継続時間. 土木学会論文集 B3 (海洋開発), 76(2), I_216-I_221.
  • 岩本匠夢, & 髙川智博. (2017). メソ気象モデルを用いた台風 1418・1419 号による高潮および副振動の再現計算. 土木学会論文集 B2 (海岸工学)73(2), I_265-I_270.
  • 大矢淳, 柴山知也, 中村亮太, & 岩本匠夢. (2016). 東京湾における沿岸域災害対策の費用便益分析. 土木学会論文集 B3 (海洋開発)72(2), I_880-I_885.
  • 中村亮太, 岩本匠夢, 柴山知也, 三上貴仁, 松葉俊哉, 舘小路晃史, & 田野倉祐介. (2015). 2014 年 12 月に北海道で発生した温帯低気圧による根室の高潮被害の現地調査と発生機構の解明. 土木学会論文集 B3 (海洋開発)71(2), I_31-I_36.
  • 岩本匠夢, 中村亮太, 大山剛弘, 水上亮, & 柴山知也. (2014). 気象-高潮-潮汐 結合モデルを用いた東京湾における RCP8. 5 シナリオ下での高潮予測. 土木学会論文集 B2 (海岸工学)70(2), I_1261-I_1265.
口頭発表
  • Iwamoto, T., & Takagawa, T. (2017). Numerical Analysis of Storm Surge and Seiche at Tokyo Bay caused by the 2 Similar Typhoons, Typhoon Phanphon and Vongfong in 2014.  American Geophysical Union 2017 Fall Meeting, New Orleans, USA, 2017.
  • Iwamoto, T., Nakamura, R., Shibayama, T., & Takagawa, T. (2016): Future Projection of Storm Surge at Tokyo Bay under RCP 8.5 Scenario by Meteorological-Ocean-Tide Coupled Model,  American Geophysical Union 2016 Fall Meeting, San Francisco, USA, 2016.
  • 岩本匠夢, & 柴山知也(2016): 時系列トピックモデルとネットワーク分析を用いた合意形成会議の定量分析,第64回関東社会学会大会,上智大学

 

ページの先頭へ戻る