主任研究官 千田 優

プロフィール

氏名   千田 優
役職

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所 主任研究官

(沿岸水工研究領域 津波高潮研究グループ所属)

研究分野  津波の数値シミュレーション
所属学会 土木学会

 

略歴

2013年3月

 京都大学工学部地球工学科卒業

2015年3月

 京都大学大学院工学研究科博士前期課程修了(社会基盤工学専攻)
2015年4月~2016年3月 (国研) 港湾空港技術研究所 津波研究チーム 研究官
2016年4月~2021年3月 (国研) 海上・港湾・航空技術研究所 津波高潮研究グループ 研究官
2021年4月 (国研)海上・港湾・航空技術研究所 津波高潮研究グループ 主任研究官

発表論文等

港空研報告・資料
  • 富田孝史,本多和彦,千田優、高潮津波シミュレータ(STOC)による津波被害解析手法、港空研報告、第55巻、第2号

査読付論文

  • 千田優,福井信気,森信人,安田誠宏,山本剛士,漂流物と流れ場の時空間計測データを用いた複雑流れ場における津波漂流物挙動の解析,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 76, No.2, pp.I_313-I_318, 2020. 
  • 福井信気,森信人,Che-Wei Chang, 千田優,安田誠宏,山本剛士,沿岸市街地模型を用いた津波・高潮浸水実験と解析,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 76, No.2, pp.I_373-I_378, 2020. 
  • 久保田博貴,鶴田修己,千田優,朝比翔太,遠山憲二,鈴木高二朗,三次元粒子法型数値波動水槽を用いた防波堤堤頭部における巨大津波流れに関する検討,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 76, No.2, pp.I_283-I_288, 2020. 
  • 富田孝史,田口聖也,中西祥一,千田優,水谷法美,津波漂流物群の初期配置がそれらの流動挙動に及ぼす影響に関する実験的研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 76, No.2, pp.I_307-I_312, 2020. 
  • 倉原義之介,武田将英,髙川智博,千田優,引き波下における漂流コンテナの着底に関する漂流物移動モデルの検証,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol.76, No.2, pp.I_959_I_964, 2020. 
  • 千田優,鶴田修己,久保田博貴,朝比翔太,鈴木高二朗,遠山憲二,空間解像度と防波堤の近似方法の違いが防波堤周辺の津波および地形変化計算に与える影響,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 76, No.2, pp.I_1049_1054, 2020. 
  • Kuriyama, Y., Y. Chida, Y. Uno, K. Honda, Numerical simulation of sedimentation and erosion caused by the 2011 Tohoku Tsunami in Oarai Port, Japan, Marine Geology, Volume 427, 2020, 106225
  • 千田優,髙川智博,津波による建物の非破壊漂流・断片化漂流ががれきの分布特性に与える影響に関する数値的な検討,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 75, No.2, pp.I_445-450, 2019.
  • 熊谷兼太郎,千田優,江本翔一,2018年台風第21号の高潮によるコンテナ流出被害の調査,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 75, No.2, pp.I_313-318, 2019.
  • 富田孝史,蜂須賀大智,千田優,津波漂流物群の挙動に関する模型実験と数値解析,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 75, No.2, pp.I_761-766, 2019.
  • Arikawa, T., Y. Chida, K. Seki, T. Takagawa, and K. Shimosako,  Development and Applicability of Multiscale Multiphysics Integrated Simulator for Tsunami, J. Disaster Res., Vol.14, No.2, pp.225-234, 2019.  
  • 千田優、髙川智博、連続ウェーブレット変換を用いたGPS波浪計データのノイズ解析と津波成分抽出に関する研究、土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.73,No.2,pp.I_427-I_432, 2017
  • 松田信彦、千田優、武田将秀、岩本浩明、江口三希子、電動式スルースゲートを用いた段波造波特性、土木学会論文集B3(海洋開発)Vol.73, No.2, pp.I_240_I_245, 2017
  • 有川太郎、関克己、大木裕貴、平野弘晃、千田優、荒木和博、石井宏一、高川智弘、下迫健一郎、階層型連成シミュレーションによる高精細津波遡上計算手法の開発,土木学会論文集 B2 (海岸工学)Vol. 73, No.2,pp.I_325_330, 2017
  • 有川太郎、関克己、千田優、高川智弘、下迫健一郎:フラジリティカーブによる防護施設の被災状況を考慮した津波浸水計算手法の開発,土木学会論文集 B2 (海岸工学) Vol.73.No.2,pp.I_337_342,2017
  • 富田孝史、千田優、震災漂流物の漂流推定手法と津波火災の発生推定手法の開発,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.72,No.2,2016
  • 関克己、有川太郎、富田孝史、千田優、防護施設の被災度を考慮した津波浸水評価手法の開発,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.72,No.2,2016 
  • Tomita, T., T. Arikawa, T. Takagawa, K. Honda, Y. Chida, K. Sase, R. Alejandro, Results of Post-Field Survey on the Mw 8.3 Illapel Earthquake Tsunami in 2015, Coastal Engineering Journal, Vol.58, 1650003, doi: 10.1142/S0578563416500030
  • 千田優、森信人、安田誠宏、間瀬肇、解適合格子法を用いた津波・高潮計算手法の開発、土木学会論文集B2(海岸工学)、Vol.71,No.2,I_373-I_378,2015
口頭発表(国外)
  • Chida, Y., N. Mori, T. Yasuda,他6名, PHYSICAL AND NUMERICAL MODELING FOR DRIFT OBJECTS DUE TO TSUNAMI INUNDATION IN COASTAL URBAN AREA, Virtual International Conference on Coastal Engineering (vICCE), 2020.
  • Chida, Y. and T. Takagawa, Improvement of tsunami detection in timeseries data of GPS buoys with the Continuous Wavelet Transform, American Geophysical Union 2017 Fall Meeting, New Orleans, USA, 2017
  • Chida, Y.,  and T. Tomita, Development of Numerical Simulation Method for Uncertain Motion of Debris, International Tsunami Symposium, Bali, Indonesia, 2017
  • Tomita,T. and  Y. Chida,Effects of Partial Breaching in Coastal Defense Lines on Tsunami Inundation,7th Civil Engineering Conference in the Asian Region (CECAR7)
  • Chida, Y., N. Mori, T. Yasuda, H. Mase, Optimum Scheme of Adaptive Mesh Refinement for Tsunami and Storm Surge Modeling, Coastal Structures & Solutions to Coastal Disasters Joint Conference, Boston, USA, 2015

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る