点検診断支援システム

 点検診断支援システム

 「点検診断支援システム」は、桟橋上部工点検用ROVやビデオカメラ等による撮影画像から生成した3Dデータを用いて、展開図の生成(自動)~変状の抽出(半自動)~劣化度判定(手動)~点検帳票の作成(自動)を効率的に行うためのソフトです。
  既製のSfM/MVSソフトウェアにより生成した3Dデータのほか、施設情報(各部材の寸法形状,鋼管杭位置など)等を入力情報として用います。本ソフトにこれらの情報を読み込ませると、桟橋上部工の各部材の展開図が自動で生成されます。そして、桟橋上部工に生じる変状(鉄筋露出,ひび割れ,剥離,遊離石灰など)を想定して、各部材展開図の画像の色相の変化(輝度勾配)からそれら変状の発生が懸念される箇所を自動抽出する機能を有しています。
  変状の位置および種類の決定はソフト利用者が行い、変状の決定とあわせて劣化度a~dを入力します。決定された変状情報と劣化度は展開図に表され、部材毎の劣化度や劣化度集計表とともに帳票として出力できます。

 

 動作環境

項目 名称 備考
OS Windows710(64bit版)  
メモリ 16GB以上 検証環境での実測値
必要なソフトウェア .Net Framework 4.5.2以降
(※4.6.x, 4.7.x を含む)
Microsoft Excel 2013以降
(※帳票閲覧・編集に必要)
 
ビデオカード OpenGL 3.0に対応したビデオカード Quadro/GeForce等

点検診断支援システム紹介動画

動画(MP4/76.6MB)

点検診断支援システムの利用について

本システムの利用を希望される方は、利用規約をご確認、ご了承の上で利用申請書を下記まで送付してください。

利用規約(PDF/145KB)

利用申請書(PDF/48KB)

利用申請書(Word/14KB)

【申請先】
〒239-0826   横須賀市長瀬3-1-1
国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所
港湾空港技術研究所 構造研究領域 構造研究グループ 宛
メール inspection_pari (at) p.mpat.go.jp
E-mail送付の際は (at)を@に変換してください)

 

ページの先頭へ戻る