松崎義孝

(2020/2/26 更新)

所属

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所

海洋情報・津波研究領域 海洋環境情報研究グループ 主任研究官

新技術研究開発領域 油濁対策研究グループ(併任)

国際沿岸防災センター(併任)

 

 連絡先

matsuzaki-y(at)p.mpat.go.jp           (at)を@に変更してください.

学位

2014年9月に岩手大学大学院より博士(工学) 授与

論文題目「海上流出油の移流及び拡散に関する数値計算法の開発」

経歴

2008年 4月 港湾空港技術研究所 研究官 採用

2014年10月 港湾空港技術研究所 主任研究官 昇任

2016年9月から1年間 University of Carifornia Santa Cruz 客員研究員

 現在に至る

研究内容

発表

発表英文

  • HAFEEZ, Muhammad Ali, Yoshiyuki NAKAMURA, Tetsunori INOUE, Shinya HOSOKAWA, and Yoshitaka MATSUZAKI. 2019. "Quantification of Bottom Water Age by Using Temperature Based Age Index Model and Its Relationship with Bottom Water Dissolved Oxygen Concentration in Ise Bay, Japan." 土木学会論文集B2(海岸工学) 
  • Yoshitaka Matsuzaki and Isamu Fujita(2017): In situ estimates of horizontal turbulent diffusivity at the sea surface for oil transport simulation, Marine Pollution Bulletin, Vol. 117, pp. 34-40

発表和文

  • 松崎義孝(2016):油拡散粒子モデルOIL-PARIによる漂流油のリアルタイム予測,マリンエンジニアリング,Vol.51, No.6, pp.101-106
  • 松崎義孝・藤田勇(2014):油膜自身の特性による油拡散に関する実験と数値計算への適応,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.70,No.2, pp.471-475
  • 松崎義孝・藤田勇(2014):海水面における流出油の拡散・移流に関する数値計算法の開発と油流出事故の再現計算,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.70,No.1, pp.15-30
  • 松﨑義孝・藤田勇(2013):海水面極近傍における水平乱流拡散に関する研究,土木学会論文集B2(海岸工学) ,Vol.69,No.2, pp. 476-480
  • 松﨑義孝・高橋重雄・伴野雅之・髙山知司・合田和弘(2013):ハリケーン・サンディによる米国東岸高潮災害の特徴,土木学会論文集B3(海洋開発)  ,Vol.69,No.2, pp.I_976-I_981
  • 藤田勇・松崎義孝・白井一洋(2013):スマートフォンを活用した海象情報のリアルタイム収集ブイの試作,土木学会論文集B3(海洋開発) ,Vol.69,No.2,pp.I_1138-I_1143
  • 藤田勇・松崎義孝・齋藤英治・北原厚生(2013):水ジェットによる浮遊油の漂流制御に関する実験と解析,土木学会論文集B3(海洋開発) ,Vol.69,No.2,pp.I_1174-I_1179
  • 松﨑義孝 ・藤田 勇(2012):うねり条件下における風による水表面の油の移動特性に関する実験的研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 68,No. 2,pp.421-425
  • 松﨑義孝・藤田勇・吉江宗生(2011):テレメトリシステムを用いた海象情報収集漂流ブイの試作及び実海域実験,土木学会論文集B3(海洋開発) ,vol.67,No.2,pp.431-435
  • 藤田勇・松崎義孝・白石哲也(2011):高粘度エマルジョン化油の管内流動制御,土木学会論文集B3(海洋開発) ,vol.67, No.2, pp.1027
  • 松﨑義孝・藤田勇(2011):油拡散粒子モデルを用いた韓国泰安沖油流出事故の再現計算,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,pp.431-435
  • 松﨑義孝・藤田勇・竹﨑健二(2010):重油・漂流物を用いた室内実験による漂流特性の研究,海洋開発論文集,vol.26, pp.939-944.
  • 藤田勇・藤咲秀可・松﨑義孝(2010):界面活性剤添加による重油エマルジョンの管内摩擦損失の低減,海洋開発論文集,vol.26, pp.945-950.
  • 都司嘉宣・大年邦雄・中野 晋・西村裕一・藤間功司・今村文彦・柿沼太郎・中村有吾・今井健太郎・後藤和久・行谷佑一・鈴木進吾・城下英行・松﨑義孝(2010):2010年チリ中部地震による日本での津波被害に関する広域現地調査,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 66,No.1,pp.1346-1350.
  • 吉江宗生・松崎義孝・田中敏成・藤田勇・平林丈嗣・加藤直三・千賀英敬(2010):海上での浮流重油自動追従ブイ基本模型及びゴムマット漂流試験,日本船舶海洋工学会講演会論文集,No.10
  • 平塚正拓・加藤直三・鈴木博善・千賀英敬・吉江宗生・藤田勇・田中敏成・松崎義孝(2010):浮流重油自動追従ヨット型ブイの定常帆走性能,日本船舶海洋工学会講演会論文集,No.10
  • 松﨑義孝・吉江宗生・藤田勇・竹﨑健二(2009):薄い漂流物を用いた漂流実験と漂流推定方法の検討,海洋開発論文集,pp.33-38.
  • 藤田 勇・竹崎健二・松崎義孝・加藤由朗・柿崎慶治(2009):注水による重油エマルジョンの管内摩擦損失の低減に関する研究,海洋開発論文集,pp.1023-1028
  • 松﨑義孝・小笠原敏記・堺茂樹(2006): 氷盤下に拡がった油の流れによる変形及び移動に関する数値計算, 海岸工学論文集, 第53巻, pp.396-400.

国際会議論文集

  • Hafeez, M. A., Y. Nakamura, T. Inoue, S. Hosokawa, and Y. Matsuzaki. 2019. "Seasonal Variation in Intrusion Frequency of Oceanic Water from Middle and Lower Layers and Its Significance in Bottom Water Hypoxia in Ise Bay, Japan." Proceedings of the 10th International Conference on Asian and Pacific Coasts (APAC 2019) : 8p.
  • Fujita, I., Matsuzaki, Y.,2016,Development of Smartphone-embedded telemetry drifting buoy for tracking drifting oil patches in the coastal water and field test,  OCEANS 2015 - MTS/IEEE Washington 7401910
  • Yoshitaka Matsuzaki and Isamu Fujita, Horizontal turbulent diffusion at sea surface for oil transport simulation, Proceedings of International Conference of Coastal Engineering, 2014
  • Hidetaka Senga, Naomi Kato, Hiroyoshi Suzuki, Muneo Yoshie, Isamu Fujita, Toshinari Tanaka, Yoshitaka Matsuzaki: Development of a New Spilled Oil Tracking Autonomous Buoy, Marine Technology Society Journal, pp.43-51.
  • Yoshitaka MATSUZAKI, Isamu FUJITA and Muneo YOSHIE, 2010, EXPERIMENTAL STUDIES ON DRIFT CHARACTERISTICS OF HEAVY OIL AND DRIFT OBJECTS IN LABORATORY TANK AND COASTAL AREA, Proceedings of OCEANS 2010
  • Yoshie, M., Matsuzaki, Y., Fujita, I., Takezaki, K., Tanaka, T., Kato, N., Senga, H., 2009, At-sea trial test of an Autonomous Buoy which tracks drifting oil and observation of in-situ data tracking drifting markers on the sea for predicting location of the spilled heavy oil, Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference pp. 437-444
  • Naomi Kato, Hidetaka Senga, Masahiro Hiratsuka, Muneo Yoshie, Isamu Fujita, Yoshitaka Matsuzaki, Toshinari Tanaka : Spilled Oil Tracking Autonomous Buoy, Proceedings of OCEANS 2010
  • Yoshitaka Matsuzaki and Shigeki Sakai(2008):Numerical Simulation of Interactions of the Oil Slick and Currents Under Ice Cover,Proc 19th IAHR Symposium on Ice
  • Yoshitaka Matsuzaki, Toshinori Ogasawara, Shigeki Sakai, Koh Izumiyama and Shigeo Kanada(2006): NUMERICAL SIMULATION OF CURRENT-INDUCED DEFORMATION AND MOVEMENT OF THE OIL SLICK UNDER THE ICE COVER, Proceedings of the 18th IAHR International Symposium on Ice, pp.219-226.

港湾空港技術研究所報告・資料

雑誌等

  • 松崎義孝(2020):沿岸域観測データを同化した広領域・高解像度計算による東京湾の流動・水質の解析,大阪大学サイバーメディアHPCジャーナル,No.9,pp.61-64
  • 松崎義孝(2017):海外の大規模油流出事故事例,情報誌港湾,Vol.94, December, pp. 26-27
  • 松崎義孝(2016):津波による流出油の漂流シミュレーションモデルの紹介,海上防災,No.168,pp.17-25
  • 松崎義孝(2014):海水面における流出油の拡散・移流に関するシミュレーションの紹介,海上防災,No.163,pp.15-28
  • 松﨑義孝(2013):油膜自身の特性による油拡散を考慮した流出油の移流・拡散に関する数値計算法の開発,一般財団法人日本水路協会機関誌「水路」,第165号
  • 松﨑義孝(2011):流出油漂流予測に関する概論と数値計算の開発,社団法人日本作業船協会機関誌「作業船」,第305号

講演会・ポスター等

  • Yoshitaka Matsuzaki and Tetsunori Inoue, 2020, A numerical study of the setting method of system error in data assimilation for inner bay, Ocean Science Meeting 2020, poster session
  • M.A Hafeez, Y. Nakamura, T. Inoue, Y. Matsuzaki, and A. Moiz, 2019, Modeling Coastal Ecosystem of A Semi Enclosed Water Body By Coupling The Regional Weather Model WRF To Ecosystem Model, AGU Fall Meeting, poster session.
  • 松崎義孝(2019):沿岸域の流動・水質シミュレーションへのEnKFの適用,第23回データ同化夏の学校,口頭発表.
  • 松崎義孝(2018):海上流出油の漂流予測に関する研究開発,第16回環境研究シンポジウム,口頭発表.
  • 松崎義孝・藤田勇(2018):海上流出油のリアルタイム漂流予測技術,第16回環境研究シンポジウム,ポスター発表
  • 松崎義孝・藤田勇(2018):海上流出油の拡散に関する数値計算法の開発,第16回環境研究シンポジウム,ポスター発表
  • 松崎義孝・井上徹教(2018):データ同化による東京湾の流況・水質の予測・再現,第16回環境研究シンポジウム,ポスター発表
  • 松崎義孝(2018):データ同化による東京湾の水質の解析,海岸工学特別講演会,口頭発表
  • Yoshitaka Matsuzaki (2018): Water Quality Analysis by Data Assimilation in Tokyo Bay, The 5th KIOST-PARI-CDIT-WAVE Joint Workshop Program, Oral Presentation
  • 松崎義孝(2015):海上流出油の漂流予測に関する研究開発,平成27年度港湾空港技術講演会,口頭発表.

受賞等

  • 平成30年度日本港湾協会論文賞, 海上流出油の拡散に関する数値計算法の開発,2018
  • 平成24年度水路技術奨励賞,松﨑義孝,油膜自身の特性による油拡散を考慮した流出油の移流・拡散に関する数値計算法の開発,2013
  • Best Student Paper Prize, Yoshitaka Matsuzaki, Toshinori Ogasawara, Shigeki Sakai, Koh Izumiyama and Shigeo Kanada(2006): NUMERICAL SIMULATION OF CURRENT-INDUCED DEFORMATION AND MOVEMENT OF THE OIL SLICK UNDER THE ICE COVER, Proceedings of the 18th IAHR International Symposium on Ice, pp.219-226.

 

 研究助成金等

  • 平成30年度学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点萌芽的共同研究課題採択,沿岸域観測データを同化した広領域・高解像度計算による東京湾の流動・水質の解析,2018
  • 平成30年度大阪大学サイバーメディアセンター大規模計算機公募利用,沿岸域観測データを同化した広領域・高解像度計算による東京湾の流動・水質の解析,2018
  • 平成28年度~平成30年度, 科研費(若手(B)),湾口フェリーの常時面的観測を用いたデータ同化による閉鎖性水域の3次元構造の解明,研究代表者.
  • 平成28年度~平成30年度, 科研費(基盤(B)),津波被災時の救命胴衣の有効性の検討と迅速な救助に資する予測システムの開発,研究分担者

 

ページの先頭へ戻る