> English Ver.

イベント

(令和3年7月6日更新)

SIP「スマート物流サービス」 地域物流チームによるシンポジウムの開催
~「スマート物流が目指す地域物流の実現」 ~

  SIPスマート物流サービス(プログラムディレクター 田中従雅)では、 サプライチェーンの川上から川下までの物流・商流に関するデータを蓄積・解析・共有し、物流の生産性向上に資する「物流・商流データ基盤」を構築しています。昨年度にプロトタイプのデータ基盤を構築し概念実証を実施した地域物流チーム代表の株式会社セイノー情報サービス(研究代表 早川典雄)が開催する「地域物流」に関するシンポジウムを後援します。

開催概要

1.日時        第1回:令和3年6月 9日(水) 13:00~15:15   終了    ↓ページ下部 第1回の様子へ↓
             第2回:令和3年6月25日(金) 13:00~15:15   終了    ↓ページ下部 第2回の様子へ↓
2.会場        オンライン ウエブ配信(Zoom)
3.お申込み方法  事前登録制 参加費は無料です。   終了しました。

プログラム概要

○基調講演 SIP「スマート物流サービス」概要の紹介
内閣府 政策統括官付SIPスマート物流サービス担当 プログラムディレクター 田中 従雅
○パネルディスカッション    
モデレーター ㈱ローランド・ベルガー パートナー 小野塚 征志
第1回:スマート物流における「競争領域」と「協調領域」を考える
 ・サンスターグループ コーポレートマネージメント 日本ブロック理事 ロジスティクス担当 荒木 協和
 ・日本通運株式会社 ロジスティクスエンジニアリング戦略室 室長 髙橋 啓
 ・内閣府 政策統括官付SIPスマート物流サービス担当 プログラムディレクター 田中 従雅
 ・株式会社セイノー情報サービス 代表取締役社長 鳥居 保徳
第2回:商流情報の早期共有による物流の平準化を考える
 ・サンスターグループ コーポレートマネージメント 日本ブロック理事 ロジスティクス担当 荒木 協和
 ・内閣府 政策統括官付SIPスマート物流サービス担当 プログラムディレクター 田中 従雅
 ・丸紅株式会社 物流企画営業部 デジタルSCM推進課長 渡辺 順
○来賓挨拶
  ・内閣府 科学技術・イノベーション推進事務局SIP/PRISM担当 参事官 江頭 基
  ・国土交通省 総合政策局物流政策課 課長 阿部 竜矢
  ・経済産業省 商務・サービスグループ物流企画室 室長 西野 健

第1回の様子

6月9日に SIP「スマート物流サービス」 地域物流チームによるシンポジウムが開催されました。当日は荷主企業や運送事業者を中心に、477社・671名の参加者となり盛況なシンポジウムとなりました。
内閣府・国土交通省・経済産業省からご挨拶をいただき、田中PDよりSIPスマート物流サービスの概要を説明しました。
その後小野塚氏のモデレートにより、スマート物流における競争すべき業務と協調すべき業務について4名の方でパネルディスカッションを行いました。

第2回の様子

6月25日に SIP「スマート物流サービス」 地域物流チームによるシンポジウムが開催されました。当日は荷主企業や運送事業者を中心に、467社・685名の参加者となり盛況なシンポジウムとなりました。
内閣府・国土交通省・経済産業省からご挨拶をいただき、田中PDよりSIPスマート物流サービスの概要を説明しました。
サンスター・荒木氏、丸紅・渡辺氏より各社のスマート物流に対する取り組みとなぜ情報共有が難しいのかを各社の状況から説明を行いました。その後小野塚氏のモデレートで田中氏も加わりパネルディスカッションを行った。その中で納期情報の共有化の必要性・地域物流への期待がディスカッションされた。 その後早川氏から地域物流ネットワークを目指す推進協議会の設立について説明があり、引き続いて近藤氏よりオープンプラットフォームのデモンストレーションがあった。