沿岸環境研究領域長  中川 康之 (なかがわ やすゆき)

略歴

1993年3月 東京工業大学大学院 理工学研究科土木工学専攻修士課程修了
1993年4月 運輸省 港湾技術研究所 水理研究室 研究官
1998年9月~1999年8月 米国・メリーランド大学環境科学センター・ホーンポイント研究所 在外研究員(科学技術庁併任)
1999年4月 運輸省 港湾技術研究所 海洋環境部 主任研究官
2001年4月 独立行政法人 港湾空港技術研究所 海洋・水工部 主任研究官
2010年3月

独立行政法人 港湾空港技術研究所 沿岸環境研究領域 沿岸土砂管理研究チームリーダー

2015年10月 学位取得 博士(工学)東京工業大学
2015年11月 国立研究開発法人 港湾空港技術研究所 沿岸環境研究領域長(兼・沿岸土砂管理研究チームリーダー)

研究分野

  • 沿岸域の底質輸送解析
  • 航路・泊地の埋没対策
  • 内湾域の土砂水理

研究実績

最近(5カ年)の主な論文発表等

(英文)

  • Nakagawa, Y., K. Nadaoka, H. Yagi, Y. Nihei and H. Uchikawa (2015): Stochastic Model of Fluid Mud Transport under Wave and Current, Proc of Coastal Sediments'15, 11-15 May, 2015, San Diego, USA
  • Nakagawa, Y., K. Nadaoka, H. Yagi, Y. Nihei, and Y. Yoshida (2014): Fine sediment transport modeling in Tokyo Bay, Proc. Ocean Science Meeting, , 24-28 Feb., 2014, Honolulu.USA.
  • Nakagawa, Y., K. Nadaoka, H. Yagi, Y. Nihei, A. Kimura, Y. Kubota and Y. Yoshida (2013): Application of a fluid mud transport model to simulation of sediment dynamics during storm event in Tokyo Bay, Proc. of International Conference on Cohesive Sediment Transport Processes (INTERCOH2013), pp.91-92, 21-14 Oct., 2013, Gainesville, FL., USA
  • Nakagawa, Y., K. Nadaoka, H. Yagi, M. Saitoh, H. Ogawa, H. Yoneyama (2012): Effect of wind waves on recovery of DO concentration from hypoxia at inner Tokyo Bay, 50th International Conference on Estuarine and Coastal Science Association (ECSA), 3-7 June, 2012, Venice, Italy.
  • Yasuyuki Nakagawa & Kazuo Nadaoka & Hiroshi Yagi &Ryuichi Ariji & Haruo Yoneyama & Kazuhiro Shirai(2012): Field measurement and modeling of near-bed sediment transport processes with fluid mud layer in Tokyo Bay, Ocean Dynamics, Volume 62, Issue 10-12, pp 1535-1544,DOI 10.1007/ s10236-012-0570-4
  • Nakagawa, Y., K. Nadaoka, H. Yagi, R. Ariji, H. Yoneyama and K. Shirai (2011): Fundamental study of fluid mud transport modeling, Proc. of 11th International Conference on Cohesive Sediment Transport Processes (INTERCOH2011), pp.25-27.
  • Ariji, R., H. Yagi, K. Nadaoka, Y. Nakagawa, H. Ogawa, K. Shimosako and K. Shirai (2011): Temporal and Spatial Variations of Bottom Sediment Characteristics around the Tama River Mouth in Tokyo Bay, Japan,The 21st International Offshore (Ocean) and Polar Engineering Conference,June22, 2011, pp.999-1004.
  • Nakagawa, Y., R. Ariji, K. Nadaoka, H. Yagi, K. Shimosako and K. Shirai (2011):Field measurement of erosion and deposition processes of muddy sediment during storm event in Tokyo Bay, Proc. of Coastal Sediments'11, ASCE, pp.2403-2414.

(和文)

  • 中川康之・篠澤巧・高嶋紀子・渡邉理之・清水雄太(2015): 河口港における底泥堆積特性の把握に関する現地調査,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol. 71, No. 2 .pp.I_571-I_576.
  • 中川康之・灘岡和夫・八木宏・二瓶泰雄・川崎浩司・木村彰宏・久保田踊児・内川直洋(2015): 底質輸送量算定における底面流速変動の確率分布を考慮した新たな外力評価手法の提案,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol. 71, No. 2 .pp.I_523-I_528.
  • 高嶋紀子・中川康之・松尾武・壱岐幸史・松本英雄(2015): 干潟浅海域周辺での底質輸送に及ぼす外力因子の評価,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol. 71, No. 2 .pp.I_547-I_552.
  • 伴野雅之・栗山善昭・中川康之・橋本典明(2015): 沿岸災害リスクの評価に基づく海浜の確率的維持管理手法,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol. 71, No. 2 .pp.I_511-I_516.
  • 灘岡和夫・八木宏・中川康之・二瓶泰雄・山中亮一・内川直洋・川崎浩司・三島豊秋(2015): 統合型海域環境影響評価モデルの構築と多摩川河口・羽田空港周辺海域への適用,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol. 71, No. 2 .pp.I_1405-I_1410.
  • 中川康之・灘岡和夫・八木宏・二瓶泰雄・鈴木高二朗(2014): 長期モニタリングに基づく内湾河口域における地形変化特性の把握,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol. 70, No. 2 .pp.I_621-I_625.
  • 中川康之・灘岡和夫・八木宏・二瓶泰雄・木村彰宏・久保田踊児・吉田行秀(2013): 東京湾羽田沖における泥質物の堆積分布特性を考慮した底泥輸送モデルの構築,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol. 69, No. 2 .pp.I_571-I_575.
  • 中川康之(2013) 高含水比底泥の挙動解明とモデル化,港空研報告,第52巻,第2号,pp.35-50.
  • 中川康之・灘岡和夫・八木宏・吉田行秀(2013): 東京湾における底泥挙動の実態とモデル化,沿岸海洋研究 ,第51巻,第1号,pp.45-52.
  • 中川康之・灘岡和夫・八木宏・齊藤衛・小川浩史・有路隆一・米山治男・白井一洋(2012): 東京湾奥部における夏期の底層DO濃度変動と波浪擾乱との関係,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol. 68, No. 2 .pp.I_991-I_995.
  • 中川康之・灘岡和夫・八木宏・有路隆一・米山治男・白井一洋(2011): Fluid mud層の存在を考慮した底泥の巻き上げと水平移流のモデル化に関する基礎的検討,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol. 67, No. 2,pp.I_461-I_465.
  • 有路隆一・八木宏・灘岡和夫・風呂田利夫・中川康之・鈴木紀慶(2011): 多摩川河口前置斜面における出水前後の底質環境と底生生物群集の変動,土木学会論文集B2(海岸工学), Vol. 67, No. 2, pp.I_851-I_855.
  • 中川康之・灘岡和夫・八木宏・斉藤衛・小川浩史(2011):東京湾奥部海底近傍での溶存酸素濃度の変動機構に関する検討-2010年夏期連続観測データの解析-. 2011年度日本海洋学会秋季大会講演要旨集, p. 120.

ページの先頭へ戻る