津波高潮研究グループ

津波高潮研究グループでは、津波や高潮に対する安全な国土の形成、世界における津波・高潮防災を推進するため、津波・高潮による被害の実態解明、被害の予測技術および防災対策に関する研究に取り組んでいます。

津波高潮研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野)

グループ長  髙川 智博

研究官     千田 優 (津波の数値計算技術の開発)

研究官     岩本 匠夢(高潮の数値計算技術の開発)

主な研究内容

 

津波・高潮の数値計算技術の開発

 

 

写真
津波・高潮災害を具体的に評価するための数値計算モデルを開発する。

リアルタイム津波浸水予測手法

の開 

 

写真
津波来襲時に、その浸水を即時的に予測する手法を開発する。

津波・高潮災害の現地調査

 

 

写真
国内外で発生した津波・高潮の現地調査を行い、津波・高潮災害の実態を解明する。

お問い合わせ


お問い合わせ

 

 

ページの先頭へ戻る