海洋利用研究グループ

海洋利用研究グループでは、我が国における沿岸域を含む広大な海洋が有するエネルギーを積極的に利活用していくことと、港湾内における風や波浪などに対する係留船舶の安全性を確保することを目的として研究を進めています。

海洋利用研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介 (名前をクリックするとリサーチマップの情報が開きます)

グループ長 米山 治男

主任研究官 加島 寛章

主な研究内容

  • 海洋エネルギー利用技術(洋上風力発電・波力発電など)の導入に関する研究
  • 港湾における船舶の係留技術(防舷材・係船柱など)の高度化に関する研究

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る