地盤改良研究グループ

地盤改良研究グループでは、粘性土や緩い砂などで構成される軟弱な地盤への対策方法を主なテーマとして、研究室発足当時から数十年にわたって研究・開発を行っています。また、研究・開発だけではなく、現場への適用や設計手法の提案にも力を注いでいます。主な研究ツールとしては、大型の遠心模型実験装置を利用しており、近年では、数値解析や画像解析も併用して研究を進めています。遠心模型実験を利用した新しい取り組みとして、防波堤や護岸などの水際地盤構造物を対象に、波に呼応した地盤動態の再現や変形・破壊メカニズムの解明、被災対策方法についても研究しています。

地盤改良研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野) (名前をクリックするとリサーチマップの情報が開きます)

ごあいさつ

グループ長  高橋 英紀
軟弱地盤対策や波に対する地盤応答問題などの研究を行っています。新技術の開発や、現場での諸問題、共同研究などのご相談を随時受け付けております。

研究官 栗原 大(地盤工学・土質力学)

研究官 佐藤 樹

主な研究内容

地盤改良に関する研究 沿岸構造物の挙動に関する研究 波と地盤の複合現象に関する研究
地盤改良の新技術や新工法の開発、固化処理土の長期安定性などの物性把握を行っています。(写真:格子状改良による液状化対策の検討実験) 地震、津波、高波、大きな荷重などの外力による沿岸構造物の動きを遠心模型実験や数値解析によって調べています。(写真:地震によるブロック式岸壁の破壊の再現実験) 波による地盤構造物の変形や破壊について研究しています。(写真:波による護岸の破壊の再現実験)

研究施設

研究施設の詳細は、「研究施設のご紹介」でご覧いただけます。

遠心模型実験装置

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る