土質研究グループ

土質研究グループの前身は、運輸省港湾技術研究所時代の土性研究室と地盤調査研究室です。これまで、我が国の軟弱粘土地盤の研究をリードし、国内外に向けた研究成果の公表に努めて参りました。蓄積した知見や情報を活用して、東京国際空港(羽田空港)や関西国際空港といった沿岸の巨大プロジェクトに貢献しています。また、人類の負の遺産(ゴミ)の後始末を目的とする、目立たないけれども重要な施設である海面処分場を対象とした研究にも取り組んでいます。最近では、沿岸開発により失われた生物相豊かな干潟を取り戻すべく、沿岸の豊かな自然そのものを対象とした生態地盤学の研究にも取り組んでいます。

土質研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野) (名前をクリックするとリサーチマップの情報が開きます)

ごあいさつ

グループ長  高野 大樹

沿岸の軟弱地盤の研究を核として、土質力学・地盤工学の基礎的分野の研究とともに、羽田空港、関西国際空港など、沿岸域の港湾・空港プロジェクトに貢献する地盤技術の研究を実施して参りました。最近では、従来型の沿岸開発のための研究テーマに加えて、環境関連技術の研究にも積極的に取り組んでおり、「生態地盤学」として新たな研究分野を開拓しています。今後とも、皆さまのご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

研究官 杉山 友理(地盤工学、数値解析)

主な研究内容

地盤調査(ボーリング)風景

コーン貫入試験による

サウンディング
 

気泡混合処理土
 
写真 写真 写真
地盤調査によって、設計に用いるパラメータを精度良く求める方法について研究しています。 地層構造を効率的に調べるためのサウンディング調査についても研究しています。コーン貫入試験はその代表的なものです。 浚渫粘土を原材料とし、気泡を混ぜて軽量化するとともに、セメントを混ぜて固化した新地盤材料。

羽田空港の新しい滑走路

(D滑走路)

廃棄物処分場の遮水工

 

干潟における地盤探査
 

写真 写真 写真
長期圧密沈下の予測手法など、沿岸域の大型プロジェクトを支える重要な技術について研究しています。 廃棄物処分場の遮水工の開発や品質管理手法について研究しています。 干潟土砂の構造を調べるために表面波探査の適用を試みています。
干潟底生生物の巣穴住活動    
写真    
干潟底生生物の住活動について、生態地盤学の立場から研究を展開しています。    

 

 

研究施設

研究装置の詳細は、「研究施設のご紹介」でご覧いただけます。 

土構造分析装置

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る