国際沿岸防災センター

国際沿岸防災センターでは、地震・津波・高潮に対する安全な国土の形成や世界における沿岸防災を推進するために、地震・津波・高潮やその被害の実態解明、被害の予測技術および防災対策に関する研究に取り組んでいます。 

メンバー紹介(所属) (名前をクリックするとリサーチマップの情報が開きます)

ごあいさつ

センター長  伊豆 太(特別研究主幹)

国際沿岸防災センターは、2004年に津波防災研究センターとして津波を対象に発足し、津波死者ゼロを目指して、津波災害の実態の把握や予測技術の開発、津波のリアルタイム予測技術の開発、津波の低減技術などの開発を行ってきました。
2010年度からは、アジア・太平洋諸国との連携をさらに推進することや、地震などの他の沿岸災害も研究することを目的にアジア・太平洋沿岸防災センターに改組し、さらに2017年度にアジア・太平洋諸国以外との連携も視野に現在のセンターに発展的に改組しています。

副センター長 (併任)  河合 弘泰 (沿岸水工研究領域長)

副センター長 (併任)  野津 厚 (地震防災研究領域長)

上席研究官 (併任)   鈴木 高二朗 (耐波研究グループ長)

上席研究官 (併任)   川口 浩二 (海象情報研究グループ長)

上席研究官 (併任)   井上 徹教 (海洋汚染防除研究グループ長)

上席研究官 (併任)   佐々 真志 (動土質研究グループ長)

上席研究官 (併任)   小濱 英司 (耐震構造研究グループ長)    

上席研究官 (併任)   髙川 智博 (津波高潮研究グループ長)

主任研究官 (併任)   松崎 義孝 (海洋汚染防除研究グループ)

主な研究内容

津波の数値計算技術の開発写真
津波災害を具体的に評価するための数値計算モデルを開発する。

リアルタイム津波浸水予測手法開発写真
津波来襲時に、その浸水を即時的に予測する手法を開発する。

津波災害の現地調査
写真
国内外で発生した津波の現地調査を行い、津波災害の実態を解明する。

 

ページの先頭へ戻る