港湾コンクリート構造物における 表面被覆材の適用性に関する検討

発行年月 2022年6月 港湾空港技術研究所 資料 1403
執筆者 山路 徹,山本真史
所属 構造研究領域 材料研究グループ
要旨 港湾コンクリート構造物は,海水から供給される塩化物イオンに起因し,塩害(鉄筋腐食)が生じる場合がある.既設構造物の場合に,この劣化の進行を防ぐことを目的として表面被覆材を適用する場合がある.しかし,この表面被覆材による効果が長期にわたり保持されていることを調査した事例は少ない.以上を踏まえ,海洋環境下に適用され,長期間経過した後の表面被覆材(主としてエポキシ樹脂等の有機系材料)の性能を把握することを目的として,既設の桟橋上部工(鉄筋コンクリート製)に適用され,18年が経過した表面被覆材(エポキシ樹脂系.湿潤環境で硬化可能)に対する各種調査(付着強度,遮塩性等)を行った.
また,今回対象の桟橋上部工においては,被覆材適用前に構造部材の健全度を評価するための調査(目視,コンクリート中の塩化物イオン濃度等)が行われていた.この適用前の調査結果および今回調査結果を参考にしつつ,表面被覆材の適用の効果が現れる各種条件の試算および整理を行った.本検討より得られた主な知見を以下に示す.
1)今回対象の桟橋上部工(鉄筋コンクリート製)に適用されたエポキシ樹脂系塗装に関しては,18年程度の長期にわたり性能(遮塩性等)を保持していたことが確認された.
2)実構造物で得られた調査結果(被覆材適用前の調査結果も含む)および既存の予測手法を基に,適用の効果が現れる条件について整理した.
全文 TECHNICAL NOTE1403.pdf(PDF/2.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る