全国港湾海洋波浪観測年報(NOWPHAS 2020)

発行年月 2022年3月 港湾空港技術研究所 資料 1398
執筆者 川口浩二,吉田勘一郎,田村 仁
所属 海洋利用研究領域 海象情報研究グループ
要旨 国土交通省(2000年12月以前は運輸省)港湾局は1970年以来,関係機関との相互協力の下,全国港湾海洋波浪情報網(NOWPHAS:Nationwide Ocean Wave information network for Ports and HArbourS)を構築し,全国沿岸の波浪の観測・集中処理・解析を実施してきた.その中で港湾空港技術研究所は集中処理・解析を担当している.本資料は,1970年から刊行してきた波浪観測年報の2020年版であり,新規観測地点である「能代」を含む全79観測地点の内,下線で示す通年欠測の10地点を除く計69地点を掲載している.なお,*印を付した観測地点はGPS波浪計であり,全18地点である.
日本海沿岸海域:留萌,石狩新港,瀬棚,青森,深浦,能代(新規地点),秋田,酒田,新潟沖,
直江津,富山,伏木富山,輪島,金沢,福井,敦賀,柴山,柴山(港内),鳥取,境港,浜田,
藍島,玄界灘,青森西岸沖*,秋田県沖*,山形県沖*
東シナ海沿岸海域:伊王島,熊本,名瀬,那覇
オホーツク海沿岸海域:紋別(南)
太平洋沿岸海域:釧路,十勝,苫小牧,むつ小川原,八戸,久慈,釜石,宮古,石巻,仙台新港,相馬,小名浜,常陸那珂,鹿島,第二海堡,アシカ島,下田,清水,御前崎,伊勢湾,潮岬,神戸,小松島,室津,高知,上川口,苅田,細島,志布志湾,鹿児島,中城湾,平良沖,石垣沖,青森東岸沖*,岩手北部沖*,岩手中部沖*,岩手南部沖*,宮城北部沖*,宮城中部沖*,福島県沖*,静岡御前崎沖*,伊勢湾口沖*,三重尾鷲沖*,和歌山南西沖*,徳島海陽沖*,高知室戸岬沖*,高知西部沖*,宮崎日向沖*
通年欠測を除くこれらの地点のうち,69地点で周期帯表示によるスペクトルの出現統計解析,66地点で連続観測による波浪観測統計を実施した.2020年に既往最大有義波を更新した地点は,以下の全2地点であり,能代は低気圧,宮崎日向沖は台風2010号によるものであった.ただし,能代は本2020年報からのとりまとめであることに注意が必要である.

能代    :H1/3= 5.30m,T1/3= 9.5s, 10月 6日 1時00分(波浪観測年報掲載は2020年から)
宮崎日向沖 :H1/3=11.35m,T1/3=15.0s, 9月 6日18時40分(波浪観測年報掲載は2014年以降)

キーワード:全国港湾海洋波浪情報網(ナウファス),波浪観測,波浪統計,GPS波浪計

※観測データは港湾空港技術研究所 企画調整・防災課で保管
全文 資料1398.pdf(PDF/26.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る