船舶の排水量に関する回帰式の提案

発行年月 2018年3月 港湾空港技術研究所 資料 1340
執筆者 米山治男
所属 海洋研究領域 海洋研究領域長
要旨 本研究では,最新の船舶諸元データを用いて統計解析を行い,船舶の接岸力(接岸エネルギー)を求める際に必要となる船舶の排水量(満載排水量,空載排水量)と載貨重量トン数あるいは総トン数との回帰式を計算して,その結果について検討した.この結果を基に,船舶の満載時および空載時の排水量の算定式として,貨物船,コンテナ船,タンカー,ロールオン・ロールオフ(RORO)船,自動車専用(PCC)船,LPG船,LNG船,旅客船,中短距離フェリー(航海距離300km未満)および長距離フェリー(航海距離300km以上)の10種類の船種ごとに,カバー率75%に対する船舶の満載排水量および空載排水量の回帰式を提案した.

キーワード:船舶の排水量,回帰式,カバー率,統計解析,防舷材の設計
全文 No.1340.pdf(PDF/1.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る