網チェーン式回収装置の開発-水深180mの水中翼回収作業-

発行年月 2009年9月 港湾空港技術研究所 資料 1200
執筆者 野口仁志
所属 施工・制御技術部 新技術研究官
要旨  網チェーン式回収装置は,潜水士等の支援を必要とせずに,吊りワイヤーの巻き上げ下げ操作だけで種々の形状の対象物を掴み上げることができる.既設消波ブロックにおいては数件の回収実績がある.
 この網チェーン回収装置が,強潮流海域下において水深約180mの海底に落下した船舶の水中翼の回収作業に活用された.課題とされた海底での水平方向の位置制御は,網チェーンの一部を海底に接触させて動揺を抑えるという簡易な運用方法によって対応可能であった.
 同様の状況の2件の水中翼の回収に成功したことで,潜水士での作業が不可能な強潮流下の大水深域においても船上からの吊りワイヤーの巻き上げ下げの操作で,種々の形状の物体を簡易に回収できることが実証された.
全文 no1200.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る