波崎海洋研究施設で観測された沿岸砂州の中・長期変動特性およびその影響要因

発行年月 2006年12月 港湾空港技術研究所 報告 045-04-01
執筆者 栗山善昭,柳嶋慎一
所属 海洋・水工部 漂砂研究室
要旨 茨城県の波崎海洋研究施設において15年間(1987年~2001年)にわたりほぼ毎日取得された断面データを経験的複素固有関数法(CEOF解析)を用いて解析した.バーの沖向き移動速度に比例するバーの位相の変動周波数は,1994年以前は0.8~1.3 cycle/year(周期0.7~1.25年)であったものの,1994年以降,次第に小さくなり,1996 年末には0.1cycle/year(周期10年)にまで低下した.バーの振幅も,長期的にはバーの移動速度と同様の時間変動を示しており,その値は,観測期間前半(1994年以前)よりも後半(1995年以降)の方が小さかった.このようなバーの長期変動には,外的要因である沖波エネルギーフラックスが影響していただけでなく,バーの振幅に関する負のフィードバック機構も関与していた.
全文 vol045-no04-01.pdf(PDF/2.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る