コンクリート用骨材としての沖縄産骨材の特性について

発行年月 1976年9月 港湾空港技術研究所 資料 0240
執筆者 関博,大即信明
所属 構造部 材料施工研究室
要旨  沖縄県には,大きな河川がなく,河川産骨材の入手が困難であり,コンクリート用骨材として,砕石および海砂を用いている.これらの沖縄産骨材は,河川産骨材等と比較して,その品質はかなり劣る.
 本文では,沖縄産骨材および沖縄産骨材を用いたコンクリートの基礎的試験を行ない,その問題点および対策を検討した.
 試験項目としては,骨材の比重,吸水量試験,コンクリートの圧縮強度試験などである.
 試験結果より,問題点としては,(1)粗骨材は一般に粒形が悪く実績率が小さい,(2)細骨材は比重が小さく吸水量が大きい,(3)コンクリートは強度が低くワーカビリチーが悪い,などが明らかになった.それらの対策として考えられることは,(1)粗骨材は実績率を高くする,(2)細骨材は良質な砕砂等を混合して使用する,(3)一部沖縄産骨材を用いたコンクリートにおいては,河川産骨材を用いたコンクリートよりも単位セメント量を増加させる,などである.
全文 no0240.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る