金沢港におけるポンプ船試験報告(ブースタポンプを使用した長距離輸送について)

発行年月 1968年9月 港湾空港技術研究所 資料 0060-02
執筆者 八木得次,宮崎昭児,是石昭夫
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨  金沢港における浚渫埋立工事は,最長時約7kmの輸送距離があって,浚渫船の外ブースタ船を4隻直列に連ねた作業形態で昭和42年12月より開始された.
 本資料は,去る昭和43年2月に行った現地試験および運転実績にもとずいて,ブースタポンプを使用した場合のポンプ管路系の特性,施工能力および今後の工事計画等について検討したものである.
 試験は,送水及び浚渫試験を行いポンプ圧力,電力,含泥率等の関連項目を測定して,現在の作業条件下での実態を把握し,これらをもとに実用性能図を作成して能力限界を明示した.
全文 no0060-02.pdf(PDF/3.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る