ケーソンの標準設計についての一試案

発行年月 1968年9月 港湾空港技術研究所 資料 0057
執筆者 北島昭一,蓮見隆,柿崎秀作
所属 設計基準部 設計基準課
要旨  港湾構造物の標準設計の一つとして,防波堤用ケーソンをとりあげた.出来上がったケーソンの標準設計をするには非常に数多くの種類が必要となり,そのわりに使用される標準設計ケーソンが少なくなくなる恐れがある.今回は,ケーソンを底版,側壁,隔壁に分解し,それぞれの版について標準設計をすることにした.この結果ぐう角部付近の配筋などに多少の問題は残るが,ほぼ妥当なケーソンの標準設計を終わることができた.
 今回標準設計を行ったケーソンは
 底版 辺長;3.0~5.0m(0.5m間隔)
     上面に働く荷重;5,10t
     下面に働く荷重;10,20,30,40t
 側壁,隔壁 壁高;4.0~14.0m(1.0m間隔)
         壁幅;3.0~ 5.0m(0.5m間隔)
について行っている.
 なお底版の曲げモーメントは4辺固定版,側壁,隔壁は3辺固定,1辺自由版として版の曲げモーメントの計算数表を用いている.
全文 no0057.pdf(PDF/5.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る