港湾地域強震観測年報(1963・1964)

発行年月 1968年9月 港湾空港技術研究所 資料 0055-01
執筆者 土田肇,山田逓一郎,倉田栄一,須藤克子
所属 構造部 耐震構造研究室
要旨  我が国の港湾における強震観測は昭和37年より開始された.最初の記録は昭和38年3月27日に名古屋港で得ている.以来観測網の充実を図りつつ,観測を実施して来た.昭和43年6月末現在で強震計設置台数は54台となり,集められた記録は300本を越えた.
 この年報では昭和38年、39年に得た記録を地震ごとにまとめ,地震に関する資料と共に,記録各成分の最大加速度を報告する.最大加速度が20galを越える記録については原記録の複写印刷,数字化された記録,応答スペクトル,フーリェ解析の結果を示した.
全文 no0055-01.pdf(PDF/3.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る