空港アスファルト舗装構造の設計法に関する一提案

発行年月 1968年9月 港湾空港技術研究所 資料 0054
執筆者 須田凞,佐藤勝久,藤本憲久
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  本報告書は,空港アスファルト舗装構造の一設計法を提案したものである.
 本提案の,他の設計法にあまり見られない特色は次の通りである.
(1)航空機の交通量の大きさの評価が,舗装厚の設計の一要因として導入された.
(2)本報告書では,軟弱な路床や基礎地盤の圧密沈下を予測し,これがI・C・A・O(国際民間航空機)の勾配基準を越えないように規定した.
(3)本報告書では,CBR法を適用できないような軟弱基礎礎基盤においては,航空機荷重によって地中に生ずる剪断力が,その深さの土の剪断抵抗力を越えないように規定した.
(4)舗装材料の質に応じて,等値換算係数を用いて,舗装厚を減らすことができるようにした.
(5)路盤や路床の必要締固め度については,いかなる種類の航空機に対しても適用できる,締固め設計曲線(米国陸軍工兵隊によって開発されたもの)を採用した.
全文 no0054.pdf(PDF/2.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る