空港舗装に関する調査研究(第6報)-空港瀝青舗装の舗装厚設計法に関する調査研究-

発行年月 1968年6月 港湾空港技術研究所 資料 0052
執筆者 須田凞
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  現在,世界各国で使用されている,空港舗装の主要な舗装厚設計法について文献調査を行い,検討を加えた.
 調査の対象とした設計法は,C・B・R法(C・E法:米国陸軍工兵隊法),L・C・N法(米国法),フランス法,カナダ法(Mcleod法),Navy法(米国海軍法),F・A・A法(米国連邦航空庁法),A・I法(アスファルト協会法)の7つである.
 その結果,各設計法には一長一短が見受けられるが,最も多くの実験の裏付けと,経験を有するC・B・R法が,現在の段階では,舗装厚の基本的な設計法として適しているとの結論を得た.
 ただし,C・B・R法は,路床の強さによって,舗装構成材料の品質に関係なく,舗装厚は一定になるという欠点を有しているから,これに関しては,等価値などを考慮して,設計法を補足する必要があろう.
全文 no0052.pdf(PDF/5.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る