嵩上げ舗装の設計方法に関する調査研究-空港舗装に関する調査研究(第5報)-

発行年月 1968年6月 港湾空港技術研究所 資料 0051-02
執筆者 赤塚雄三
所属 構造部 材料施工研究室
要旨 空港舗装の嵩上げ設計方法に関する文献調査の結果を取纒めたものである.比較的広く用いられている方法として米国連邦航空庁,米国陸軍工兵隊,ポルトランドセメント協会などの方法を取上げ,その発展経過を追跡すると共に比較検討を試みた.この結果,これらの方法の間には実質的な相違は認められず,主として米国陸軍工兵隊とポルトランドセメント協会の行った広範な実物大舗装試験ならびに豊富な施工経験に基づいた経験的な設計方法であることを確かめ,主要な諸点を要約して我が国の嵩上げ舗装設計方法の標準化を計る場合の参考資料を提出した.
全文 no0051-2.pdf(PDF/2.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る