音響測深機に関する研究-4周波音測機による室内及び現地実験について-

発行年月 1968年3月 港湾空港技術研究所 資料 0045-02
執筆者 木原純孝
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨  4周波超音波の反射特性の測定を室内および現地試験について述べている.
 現地実験では,軟泥層の多い海域において,泥層の厚さを調査し,かつ超音波測深機を用いて,海底の固い下層土の起伏を記録すると同時に軟泥層の深知を行った.
 この実験では,14KCのアルフェロ送受波器,50KCのニッケル送受波器,100および200KCのチタン酸バリウム磁器送受波器を使用した.電力はパルス波に変換された真空管発振器によって発生された.
 この実験に使用した音響測深器は試作したものである.(14/50/100/200KC測深範囲0~25m)
 1964年,東京港及び横浜港における実験において,軟泥層における4周波超音波の反射・伝搬を測定した.
 その結果は次の通りである.
1)指向性の鋭い14~50kCのような比較的低い周波数を用いれば軟泥層の厚さを探知することが出来る.
2)東京港における実験では,音響測深機による記録水深は,レッド深度と比較して,未浚渫の場所で約6%浅く記録され,浚渫後の場所では約7~9%ほど浅く記録された.
全文 no0045-02.pdf(PDF/5.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る