グラブ浚渫船月山丸のグラブバケットの試験報告

発行年月 1968年3月 港湾空港技術研究所 資料 0044-01
執筆者 高砂忠,麻山和正,藤井喜一郎,早乙女保二,岩田尚生
所属 機材部 機械課
要旨  グラブ浚渫船月山丸は総屯数976.3ton,泥艙容量657.4mの自航グラブ浚渫船でフラッシュ容量6m,グラブ自重14tonのハーフタイン型グラブを装備している.このグラブバケットにより,現在,酒田港内の硬粘土盤区域を主とした浚渫作業を行っているが,今までにグラブ口金部分の破損事故が2・3あった.その原因として総作方法の不手際によるものか,口金部分の強度が不足しているのか,あるいは材質が不適当ではないか等,種々の推測がなされるに至った. 
 そこでこの問題を解決するためにさし当たって現地浚渫作業状態においてグラブバケットについて下記の試験を実施することになった.
 試験の内容は,酒田港内の硬粘土盤区域,砂質土区域,軟泥層区域においてグラブバケットの落下時衝撃応力を求める試験とつかみ時の部材応力を求める試験を行なうこととし,グラブロッド口金および爪に貼り付けたストレンゲージにより,それぞれの歪量をオシログラフに記録するようにし,さらに落下速度および刃先のつかみ力を求めるために開閉用電動機の電流と回転数を同時に記録するようにした.
全文 no0044-01.pdf(PDF/2.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る