波浪統計に関する二,三の考察

発行年月 1967年12月 港湾空港技術研究所 資料 0039-02
執筆者 合田良実
所属 水工部 波浪研究室
要旨 観測成果の整理法を中心に種々の統計的考察を述べたもので,各種の整理法を説明し,それぞれの問題点を指摘し,最後に標準的な整理法の試案を提示した.その要点は,波浪記録は1~2時間ごとに取得するけれども,記録の読み取りは日最大波浪の発生時および6時間ごとの読取定時についてのみ行うことで,定時読取値は月別平均値,超過波高出現率,波高別継続時間などの諸元の算出に使用する.設計波高の選定資料などに用いられるN年確率波の諸元は,定時読取値ではなく,ある波高以上の大時化の際の最大有義数波などを拾い上げて作成した「極値時系列」にもとづいて推定することを推奨し,その実際的手順について解説した.また欠測の際は目視観測によって補足しておくことが望ましく,これによってN年確率波推定のための統計期間を長くとれることを指摘した.
全文 no0039-02.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る