グラブバケットの落下時衝撃試験およびつかみ特性試験(第1報)-設計基準のための試験に必要な2,3の予備実験結果について-

発行年月 1967年10月 港湾空港技術研究所 資料 0038-01
執筆者 岩田尚生,高砂忠
所属 機材部 主任研究官
要旨  この試験研究は,浚渫用のグラブバケットを海底面へ落下させるときに,グラブバケット部材にかかる衝撃力と,種々の土質に対するつかみ能力について調査しようとするものである.これらの試験研究の成果は,直接実際面の作業に利用すること以外に,グラブバケットの設計基準のための資料として役立てる予定である.
 本報告は,本格的な試験研究を開始するに先だって実施した予備実験記録をまとめたもので,この実験結果から,今後われわれが予定している諸試験の実施方法や記録の整理方法等について,種々の角度から確かめてみることができる.
全文 no0038-01.pdf(PDF/2.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る