作業船調査報告(その7)-大槌号実船試験報告-

発行年月 1967年10月 港湾空港技術研究所 資料 0037
執筆者 松田任,守口照明,木原純孝,藤井喜一郎,奥出律
所属 機材部 機材部長
要旨  重錘式砕石船の性能および大型砕岩船の設計資料を得るために,瀬戸内海航路の黒鼻の磯で実施した,破砕船大槌号の現地試験の結果について解析を試みた.
 大槌号は,船首部に巾6mの水中ドーザを有する新型式の作業船で,重錘の重量30ton,船の長さ33.68m,巾13.0m,深さ3.0m,きっ水は2.1mである.
 調査の結果よりみて重錘の落下による岩盤への貫入量は,落下高さ,落下回数および岩盤の破砕係数tanβ1(累計貫入量の増加のこう配),d'n=1(重錘の落下回数が1目のときの見かけの貫入量)の関数として求められるので,破砕係数の測定方法についての提案を行った.また,破砕係数と作業能率,砕岩装置の設計上の問題点等についても考察し,2,3の提案を試みた.
全文 no0037.pdf(PDF/5.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る