移動式荷役機械(モビールクレーン)のけい船岸におよぼす影響

発行年月 1967年6月 港湾空港技術研究所 資料 0029-01
執筆者 北島昭一,堀井修身
所属 設計基準部 設計基準課
要旨 既設けい船岸の代表的形式である重力式,矢板式,さん橋式けい船岸について,できるだけ不偏的な数個の模型けい船岸を想定し,それぞれのけい船岸に対する規制荷重を算定すると共に,その算定根拠,算定方法を示したものである.その結果,けい船岸の諸元はもとよりモビールクレーンの最大アウトリガー反力をどうみるか,(常時荷重か異常時荷重か)アウトリガー反力がけい船岸のどの位置に作用するか,などによって規制荷重が非常に異なる場合が多く,本分を十分参照して検討する必要があろう.
全文 no0029-01.pdf(PDF/2.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る