霞ヶ浦の土質調査および湖底土の土性について

発行年月 1967年1月 港湾空港技術研究所 資料 0027
執筆者 藤下利男,松本一明,堀江宏保,小川富美子
所属 構造部 土質試験課
要旨  現在,新東京国際空港,ようやく千葉県三里塚(通称成田空港)に決定したが,それまでには,候補地として数ヶ所が挙げられ霞ケ浦もその中の一つであった.霞ケ浦が土質工学的見地から空港建設に適しているかどうか検討するための資料とすることを目的として土質調査を実施した.     
 霞ケ浦は,茨城県の南部に位置し,その湖水面積は約190平方キロメートルにおよんでいる.周辺には大河川の流入はみられず湖底土は静水中,静かに堆積したもので非常にポーラスで軟弱な粘土層を形成し,その深度もかなり大きい.調査地域の湖の平均水深はYP下約5mで湖底より約10mは特に軟かい粘性土が堆積していて,含水比は200~250%,間ゲキ比は6~7で,いづれも大きな値を示している.粘性土の厚さは湖心で大きく最大45mである.
粘性土はCLイオン濃度の高い間ゲキ水をもち,湖がかつて海水であったことを示している.表層5~10mより浅くなるにしたがって濃度は低くなっているが,これは湖の淡水化の過程を示すものか,リーチングを起しつつある状態を示しているものか,いずれかであろう.
全文 no0027.pdf(PDF/4.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る