世界で初めて推計しました 全球の浅海域による大気中二酸化炭素の吸収速度気候変動対策としての浅海域やブルーカーボン生態系の保全や再生に期待

平成30年8月31

 

 

 

世界で初めて推計しました

 全球の浅海域1による大気中二酸化炭素の吸収速度気候変動対策としての浅海域やブルーカーボン生態系2の保全や再生に期待

  

 

 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所 沿岸環境研究グループの桑江朝比呂グループ長を中心とする研究グループは、全球の浅海域1による大気中二酸化炭素の吸収速度を世界で初めて推計し、16.7(−63.084.4)億トンC/年と見積もりました。あわせて、浅海域海底への炭素貯留速度も2.1(0.210.2)億トンC/年と推計されました。 

  本研究成果は、20188月31日にSpringer Nature(シュプリンガー・ネイチャー)社から出版される書籍の電子版に掲載されます。

  気候変動の緩和策として、大気中CO2濃度の上昇を抑制することが喫緊の課題となっている現在、この研究成果は浅海域やブルーカーボン2生態系が、水産や水質浄化のみならず、気候変動対策にも有効であることを示しています。

 

 

【内容の問い合わせ先】

国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所 沿岸環境研究領域

沿岸環境研究グループ長 桑江 朝比呂(くわえ ともひろ)

Tel: 046-844-5046,Fax: 046-844-1274

Email: kuwae@p.mpat.go.jp,URL: https://www.pari.go.jp/unit/ekanky/member/kuwae/

 

*1浅海域:外洋や陸棚より浅く、太陽光が海底まで届く沿岸(内湾、河口、潮下帯、潮間帯など)の海域。藻場、干潟、サンゴ礁、マングローブ、塩生湿地などを含む。

*2ブルーカーボン:陸上の森林などに蓄積される炭素(グリーンカーボン)の対語で、海洋生態系に蓄積される炭素のこと。国連環境計画(UNEP)が2009年に新たに命名。特に、浅海域のうち、大型の植生を有する場(海草藻場、マングローブ、塩生湿地)は「ブルーカーボン生態系」とも呼ばれる。

 

添付資料 (背景、成果の内容、成果の意義、書籍名)

  

 

【問い合わせ先】

 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所

 沿岸環境研究領域 沿岸環境研究グループ グループ長 桑江 朝比呂

  TEL: 046-844-5046 FAX: 046-844-1274 

  Email: kuwae@p.mpat.go.jp

  URL: https://www.pari.go.jp/unit/ekanky/member/kuwae/

 

 

【報道対応】

 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所

  管理調整・防災部 企画調整・防災課 課長補佐 増門 孝一

  TEL: 046-844-5040(直通) FAX: 046-844-5072

 

ページの先頭へ戻る