PARI Vol.44 2021年7月号

 

PARI vol.44 2021年7月号
 

PARIVOL.44(PDF/4.13MB)

技術情報誌「PARI」トップ

掲載内容

1.Front Line-特集-
2050年カーボンニュートラル実現のカギは、ブルーカーボンにあり

2.Close Up 現場からの報告

思いがけない出来事から生まれたブルーカーボン素材

石炭灰、銅スラグを用いた重量ブロックによる藻場造成実験

3.Front People 研究者の広場 挑戦する研究者たち

科学的視点で予測する3つの「ブルー」の将来図

4.Focus On 研究活動の最前線へ

浅海生態系による気候変動緩和効果の高精度予測に役立つ研究

世界全体の浅海生態系の2100 年までの面積変化を予測

費用対効果の高いハイブリッド型インフラを追求

生物共生型防波堤を、新たなサンゴの着生基盤(ブルーインフラ)に

ブルーカーボンの定量的評価のベースとなる研究

現地調査と生物地球化学的手法でブルーカーボン生態系の炭素隔離機能を探る

5.TOPICS

桑江朝比呂 沿岸環境研究グループ長らが土木学会論文賞を受賞しました

 

ページの先頭へ戻る