2013年度土木学会海岸工学講演会前日シンポジウム

テーマ:巨大津波災害に備えるための国土強靭化の役割

主催:土木学会海岸工学委員会、土木学会地震工学委員会・海岸工学委員会連携「地震・津波複合災害の推定手法および対策研究小委員会」

日時:2013年11月12日(火)17:00~20:00

場所:九州大学医学部百年講堂大ホール

プログラム:
司会 藤間功司(防衛大学校、副委員長)
開会挨拶(主旨説明) 菅野高弘(港湾空港技術研究所、委員長)
(i) 国土強靭化における問題点
  話題提供(1) 東北地方 今井健太郎(東北大学、WG1 & WG2) 発表資料(PDF/7.84MB)
  話題提供(2) 南海トラフ 原田賢治(静岡大学、WG4) 発表資料(PDF/1.85MB)
  討論
(ii)今後の技術の方向性
  話題提供(3) ハード対策 小竹康夫(東洋建設、WG2主査) 発表資料(PDF/1.0MB)
  話題提供(4) 観測、警報、防災情報 高橋智幸(関西大学、WG3主査) 発表資料(PDF/3.57MB)
  話題提供(5) 観光、文化、教育と津波防災の交流 奥村与志弘(京都大学、WG3) 発表資料(PDF/6.55MB)
  討論
閉会挨拶 佐藤愼司(東京大学、海岸工学委員会委員長)

ページの先頭へ戻る