矢板式および重力式係船岸等へのLCMの展開

現在,技術基準対象施設については施設の設計時,また既存の施設の場合には今後最初に実施する点検時に維持管理計画書等を作成し,それに基づく維持行為を供用期間中着実に実施することが求められています。このような近年の制度・基準の改正やそれにともなうマニュアル・指針等の充実は,ライフサイクルマネジメントの概念に基づく合理的かつ効果的な維持管理の実現・実行を目標としたものです。

本研究では,係留施設の維持管理計画の策定支援を目標として,係留施設に生じる様々な変状の評価および進展に着目しながら,保有性能評価および性能低下予測手法について検討・提案します。本研究は,これまで主に桟橋を対象として構築したライフサイクルマネジメントシステムのより一層の充実と,他の構造形式施設へのシステム展開を目標としています。

ページの先頭へ戻る