港湾構造物の部材設計に対する信頼性設計法の導入のための解析

港湾構造物の設計では,平成19年の技術基準の改正により信頼性解析に基づく部分係数設計法が導入され,構造物に要求される安全性を統一的に評価できるようになりました。信頼性解析は,様々な不確定要因のもとで構造物の設計供用期間中に発生する破壊などの不都合な事象をどの程度の発生確率に留めればよいかという概念に基づき,安全性を照査する設計法です。一方で,港湾コンクリート構造物の部材設計には,以前より限界状態設計法が導入され,部分係数を用いた照査が行われています。しかし,この設計体系では,外力や材料強度等の不確定性は形式上,部分係数で表現されているものの,陽な形で不確定性を考慮しているとはいえません。また,静的な耐力照査の場合と比較して著しく不確定性が顕著な耐久性照査や偶発荷重に対する安全性照査に対して,適切な部分係数が設定されているとはいえないのが現状です。

本研究では,港湾コンクリート構造物の部材設計に,信頼性理論に基づいた確率論的な考え方を導入する手法について検討します。特に,作用や材料特性の不確定性が顕著な耐久性照査および偶発荷重に対する照査について信頼性解析の導入方法を提案することを目標としています。

ページの先頭へ戻る