桟橋上部工の鉄筋腐食モニタリング

 建設後25年が経過したコンクリート中の鉄筋近傍にセンサを埋設し、鉄筋の電気化学的特性値(自然電位・分極抵抗・コンクリート抵抗)を2001年11月からモニタリングしています。(現在継続中)

ページの先頭へ戻る