研究施設

海洋ロボット水槽(水中作業環境再現水槽)

水中ロボット水槽
海洋ロボット水槽

港湾工事では様々な水中作業が行われており、そのような作業は潜水士の人力によるものから水中機械よるものに変わりつつありますが、これらの水中機械は水中という特殊条件のため陸上用作業機械と違い研究が困難でした。これは主として水中作業機械を小型模型で実験すると相似則が成り立たないことと、そもそも小型模型を作ることが困難なためでした。 一方で、実験機をいきなり実海域に投入しても、環境条件を自由に設定することができないため、どのパラメータがどの結果に繋がっているかを分析することができません。 本水槽は、実際の工事に使用されている作業機械が自由に稼働できる国内最大規模の水槽で、水深、波高、波長等、実際の海中の状況を再現することにより、実海域に近い条件で作業機械の実験を行うことができます。また、水槽底面と側壁が補強され、大型の構造物の模型を設置した実験ができる唯一の施設です。


仕様
規模 長さ30メートル,幅10メートル,深さ6メートル
造波機 最大波高50 センチメートル,周期0.7~2.4秒(規則波/不規則波)
計測装置 水中カメラ(固定式/移動式 他
付属装置 橋形クレーン(定格荷重10トン),砂濾過式浄水装置,マイクロバブル式浄水装置

海底探査水槽

海底探査水槽

海底探査水槽では、港湾工事をサポートする、あるいは水中施設を点検するための水中超音波計測技術の開発を行っています。現在は、非接触型の鋼板の板厚計測技術などの開発を実施するとともに、水深10mの深さを生かして、実海域の水深に近い環境下で港湾工事時の水中測位技術の開発、海底堆積層からの超音波反射特性の把握など種々の超音波を利用した実験を実施しています。

仕様
規模 直径5メートル,深さ10.5メートルの円筒形
特徴 水槽上面,超音波計測用センサの位置決め装置(水平2軸)

  • メンバー紹介
  • 施設設備
  • 研究活動

ページの先頭へ戻る