学会発表

国際学会・シンポジウム

17) Yamamoto, S., H. Kayanne, C. Hongo, T. Tanaya, K. Watanabe, and T. Kuwae. 2016. Dissolution of carbonate sediment at seagrass meadow estimated by total alkalinity flux and pore water profiles. 13th International Coral Reef Symposium (ICRS). Honolulu, USA, P242. Poster

16) Tanaya, T., K. Watanabe, and T. Kuwae. 2016. Evaluation of the contribution of coral-derived organic matter to total sedimentary organic matter by elemental and isotopic analysis. 13th International Coral Reef Symposium (ICRS). Honolulu, USA, P89. Poster

15) Watanabe, K. and T. Kuwae. 2016. Carbon sequestration processes in a shallow seagrass meadow: Isotopic approaches. 2016 Ocean Sciences Meeting. New Orleans, USA, EC54A-1304. Poster

14) Tanaya, T., K. Watanabe, S. Yamamoto, C. Hongo, H. Kayanne, and T. Kuwae. 2016. Characteristics of organic carbon accumulation in subtropical seagrass meadows. 2016 Ocean Sciences Meeting. New Orleans, USA, EC54A-1303. Poster

13) Oda, K., K. Komai, K. Matsumoto, K. Nakayama, K. Watanabe, and T. Kuwae. 2016. Stable isotope analysis and marine-derived nutrient inputs in the riparian forests in Shiretoko Peninsula. The 31st International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice. Monbetsu, Japan, P-8. Poster

12) Matsumoto, K., K. Nakayama, K. Komai, S. Hisamatsu, S. Takahashi, K. Watanabe, and T. Kuwae. 2016. Transfer patterns of salmon resources by terrestrial animals in Hokkaido. The 31st International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice. Monbetsu, Japan, G-10. Oral

11) Moki, H., K. Watanabe, K. Taguchi, Y. Tsuji, T. Tokoro, S. Montani, and T. Kuwae. 2015. Estimation of carbon accumulation rate in shallow coastal waters using a numerical model. Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 12th Annual Meeting. Singapore, OS04-A017. Poster

10) Matsumoto, K., K. Nakayama, S. Takahashi, S. Hisamatsu, K. Watanabe, and T. Kuwae. 2015. Salmon-specific foraging of raptors and their role of nutrient vectors in Okhotsk area. The 30th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice. Monbetsu, Japan, A-4. Oral

09) Matsumoto, K., K. Nakayama, S. Takahashi, K. Watanabe, and T. Kuwae. 2014. Role of eagles in the flow of salmon-derived nutrients into a terrestrial ecosystem. 26th International Ornithological Congress. Tokyo, Japan, p03-037. Poster

08) Tokoro, T., S. Hosokawa, E. Miyoshi, K. Tada, K. Watanabe, S. Montani, H. Kayanne, and T. Kuwae. 2014. Atmospheric CO2 absorption by the Blue Carbon in the seagrass meadows of Japan. Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 11th Annual Meeting. Sapporo, Japan, BG02-A002. Poster

07) Matsumoto, K., K. Nakayama, S. Takahashi, K. Watanabe, and T. Kuwae. 2014. Role of eagles in the flow of marine-derived nutrients into a terrestrial ecosystem. The 29th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice. Monbetsu, Japan, A-14. Oral

06) Watanabe, K., A. Kasai, K. Fukuzaki, M. Ueno, and Y. Yamashita. 2013. Linkage between coastal phytoplankton production and river discharge in the Yura Estuary, Japan. International Symposium on the Connectivity of Hills, Humans and Oceans (CoHHO) 2013. Kyoto, Japan, P132. Poster

05) Akiyama, S., K. Watanabe, and Y. Yamashita. 2013. Flexible feeding of a mysid shrimp and the role as a mediator in a coastal food web. International Symposium on the Connectivity of Hills, Humans and Oceans (CoHHO) 2013. Kyoto, Japan, P109. Poster

04) Watanabe, K., K. Fukuzaki, S. Akiyama, K. Ichimi, A. Kasai, M. Ueno, and Y. Yamashita. 2012. Influence of river flow on the dynamics of phytoplankton blooms during winter to spring in a micro-tidal estuary: Yura River Estuary, Japan. 50th ECSA Conference. Venice, Italy, P122. Poster

03) Akiyama, S., K. Watanabe, K. Murazumi, T. Sugawara, M. Ueno, T. Hirata, and Y. Yamashita. 2012. Food habits of sympatric coastal mysids as determined by multiple methods. Joint Meeting of the 59th Annual Meeting of ESJ and the 5th EAFES International Congress. Shiga, Japan, P2-364A. Poster

02) Fukuzaki, K., K. Watanabe, K. Fukushima, S. Akiyama, T. Fuji, T. Funahashi, H. Shirasawa, M. Ueno, Y. Yamashita, and T. Yoshioka. 2011. Assessing spatial and seasonal variations of dissolved organic matter by spectroscopic analysis in a stratified estuary: Yura River Estuary, Japan. 2011 AGU Fall Meeting. San Francisco, USA, B33D-0500. Poster

01) Watanabe, K., K. Fukuzaki, S. Akiyama, K. Ichimi, A. Kasai, K. Fukushima, M. Ueno, T. Yoshioka, and Y. Yamashita. 2011. The influence of estuarine conditions on the dynamics of a coastal phytoplankton community in a micro-tidal estuary: Yura River Estuary, Japan. 2011 AGU Fall Meeting. San Francisco, USA, B13E-0611. Poster

国内学会・シンポジウム

43) 庄子晶子, K. Elliott, S. Aris-Brousou, 水川葉月, 中山翔太, 池中良徳, 石塚真由美, 桑江朝比呂, 渡辺謙太, 綿貫豊. 2017. 海鳥を介した汚染物質輸送. 日本鳥学会2017年度大会. 茨城, B14. Oral

42) 渡辺謙太, 清家弘治, 所立樹, 門谷茂, 桑江朝比呂. 2017. 海草藻場における炭素隔離・貯留過程の解析. 日本地球惑星科学連合2017年大会 (JpGU–AGU Joint Meeting 2017). 千葉, ACG50-02. Oral Invited

41) 渡辺謙太, 福島慶太郎, 笠井亮秀, 吉岡崇仁, 山下洋. 2017. 由良川・丹後海における栄養塩, 溶存鉄の動態と生物生産. 平成29年度日本水産学会春季大会シンポジウム ―森川里海のつながりを科学で説明できるか?―. 東京, II-3. Oral

40) 渡辺謙太, 所立樹, 茂木博匡, 門谷茂, 桑江朝比呂. 2017. 海草藻場における炭素循環. 沿岸海洋シンポジウム ―沿岸海域の低次生物生産と生元素の動態―. 東京. Oral

39) 渡辺謙太, 清家弘治, 安達寛, 柴沼成一郎, 長坂洋光, 所立樹, 田多一史, 門谷茂, 桑江朝比呂. 2017. 北海道東部の潟湖における有機炭素貯留特性. 日本生態学会第64回大会. 東京, P2-N-413. Poster

38) 棚谷灯子, 渡辺謙太, 桑江朝比呂. 2016. 安定同位体比を用いたサンゴ由来有機物の堆積物への蓄積特性の検討. 日本サンゴ礁学会第19回大会 (JCRS 19th meeting). 沖縄, P52. Poster

37) 上中剛生, 中國正寿, 渡辺謙太, 桑江朝比呂, 山本修一. 2016. 有機物組成からみた風蓮湖堆積物へのアマモ由来有機物の寄与. 2016年度日本地球化学会年会. 大阪, 1P14. Poster

36) 渡辺謙太, 棚谷灯子, 門谷茂, 桑江朝比呂. 2016. サイズ分画と同位体分析による海草場堆積物の有機炭素貯留特性の評価. 日本地球惑星科学連合2016年大会. 千葉, ACG15-P02. Poster

35) 山本将史, 茅根創, 本郷宙軌, 棚谷灯子, 渡辺謙太, 桑江朝比呂. 2016. 渦相関法と間隙水鉛直プロファイルを用いたサンゴ礁海草帯堆積物のアルカリ度フラックスの観測. 日本地球惑星科学連合2016年大会. 千葉, ACG15-05. Oral

34) 棚谷灯子, 渡辺謙太, 山本将史, 本郷宙軌, 茅根創, 桑江朝比呂. 2016. 亜熱帯性海草藻場における有機炭素蓄積量の制御条件としての海草現存量. 日本地球惑星科学連合2016年大会. 千葉, ACG15-04. Oral

33) 田多一史, 所立樹, 渡辺謙太, 山本将史, 中山恵介, 桑江朝比呂. 2016. 日本の浅海域における海水中CO2分圧に係る現地観測とパス解析. 日本地球惑星科学連合2016年大会. 千葉, ACG15-03. Oral

32) 渡辺謙太, 桑江朝比呂. 2016. 放射性炭素同位体による海草の大気由来CO2同化の定量化. 日本生態学会第63回大会. 宮城, P2-448. Poster

31) 棚谷灯子, 渡辺謙太, 山本将史, 本郷宙軌, 茅根創, 桑江朝比呂. 2015. 亜熱帯性海草藻場の有機炭素蓄積特性. 日本サンゴ礁学会第18回大会 (JCRS 18th meeting). 東京, P55. Poster

30) 桑江朝比呂, 伴野雅之, 中川康之, 相馬明郎, 茂木博匡, 渡辺謙太, 所立樹, 栗山善昭. 2015. ブルーカーボン研究の将来: 気候変動の緩和と適応の両得. 土木学会第62回海岸工学講演会. 東京, 企7. Oral

29) 竹内友彦, 駒井克昭, 中山恵介, 渡辺謙太, 一見和彦, 佐藤之信, 桑江朝比呂. 2015. コムケ湖における融雪期の地下水浸透流が干潟水質に及ぼす影響. 土木学会第70回年次学術講演会. 岡山, II-011. Oral

28) 井芹絵里奈, 秋山吉寛, 岡田知也, 三戸勇吾, 高橋俊之, 渡辺謙太, 吉田稔, 桑江朝比呂. 2015. 干潟域における来訪者の生態系サービス認識状況. 日本沿岸域学会第28回研究討論会. 茨城, 13-1. Oral

27) 山下洋, 笠井亮秀, 冨士泰期, 秋山諭, 渡辺謙太, 上野正博, 鈴木啓太. 2015. 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能―4. スズキ稚魚による丹後海複合生態系の利用. 平成27年度日本水産学会春季大会. 東京, 451. Oral

26) 笠井亮秀, 安佛かおり, 尹錫鎭, 鈴木啓太, 山下洋, 渡辺謙太, 舟橋達宏. 2015. 沿岸複合生態系の構造と資源生物生産機能―3. 丹後海における基礎生産構造. 平成27年度日本水産学会春季大会. 東京, 450. Oral

25) 渡辺謙太, 桑江朝比呂. 2015. 浅海域の複数起源有機物動態と炭素隔離過程. 平成26年度高知大学海洋コア総合研究センター共同利用・共同研究成果発表会. 高知, P-05. Poster

24) 竹内友彦, 駒井克昭, 中山恵介, 渡辺謙太, 一見和彦, 佐藤之信, 桑江朝比呂. 2015. コムケ湖の干潟における淡水の浸透流による影響評価. 土木学会北海道支部平成26年度年次技術研究発表会. 北海道, B-41. Oral

23) 山本将史, 棚谷灯子, 茅根創, 本郷宙軌, 渡辺謙太, 桑江朝比呂. 2014. 石垣島白保サンゴ礁海草藻場におけるアルカリ度Fluxの観測. 日本サンゴ礁学会第17回大会 (JCRS 17th meeting). 高知, P42. Poster

22) 茂木博匡, 渡辺謙太, 所立樹, 桑江朝比呂. 2014. 沿岸海洋炭素循環モデルの基本構造について. 平成26年度海洋理工学会秋季大会. 静岡, P03. Poster

21) 安佛かおり, 舟橋達宏, 渡辺謙太, 秋山諭, 上野正博, 笠井亮秀, 山下洋. 2014. 由良川河口から丹後海における基礎生産構造. 2014年度生物地球化学研究会現地セッション. 京都. Oral

20) 堀本高矩, 葛西広海, 田中寬繁, 桑江朝比呂, 渡辺謙太, 三谷曜子, 桜井泰憲. 2014. 北海道日本海および太平洋に来遊するキタオットセイの安定同位体比を用いた海域間比較. 平成26年度日本水産学会秋季大会. 福岡, 650. Oral

19) 茂木博匡, 渡辺謙太, 所立樹, 門谷茂, 桑江朝比呂. 2014. 北海道風蓮湖における海草場起源のPOM輸送解析. 日本海洋学会2014年度秋季大会. 長崎, P36. Poster

18) 清家弘治, 伴野雅之, 柳嶋慎一, 渡辺謙太, 桑江朝比呂, 伊谷行, 荒井将人, 佐藤一, 中山哲嚴, 栗山善昭. 2014. 開放性海浜におけるアナジャコ類の分布と生態. 2014年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会講演要旨集. 広島, p.61. Oral

17) 所立樹, 渡辺謙太, 三好英一, 茂木博匡, 田多一史, 細川真也, 桑江朝比呂. 2014. 石垣島吹通川河口域における無機炭素循環. 日本地球惑星科学連合2014年大会. 神奈川, BBG21-P05. Poster

16) 田多一史, 所立樹, 渡辺謙太, 茂木博匡, 桑江朝比呂. 2014. 石垣島浅海域の大気–海水間CO2フラックスに関する現地調査とパス解析. 日本地球惑星科学連合2014年大会. 神奈川, BBG21-P01. Poster

15) 桑江朝比呂, 所立樹, 渡辺謙太, 三好英一, 茂木博匡, 田多一史. 2014. 沿岸生態系による炭素フロー: ブルーカーボン研究. 日本地球惑星科学連合2014年大会. 神奈川, BBG21-05. Oral

14) 渡辺謙太, 桑江朝比呂. 2014. 河口域–海草場の堆積物に埋没する有機物の時空間的分布. 日本地球惑星科学連合2014年大会. 神奈川, ACG35-P01. Poster

13) 渡辺謙太, 門谷茂, 桑江朝比呂. 2014. 河口域–海草場における堆積物態炭素の起源推定. 日本生態学会第61回大会. 広島, PB3-150. Poster

12) 渡辺謙太, 桑江朝比呂. 2014. 14C, 13C, 15Nを用いた海草場堆積物における有機物特性の解析. 平成25年度高知大学海洋コア総合研究センター共同利用・共同研究成果発表会. 高知, P-12. Poster

11) 桑江朝比呂, 所立樹, 渡辺謙太, 三好英一, 茂木博匡, 田多一史. 2014. 沿岸生態系における炭素循環: ブルーカーボン研究. 平成25年度高知大学海洋コア総合研究センター共同利用・共同研究成果発表会. 高知, O-02. Oral

10) 田多一史, 所立樹, 渡辺謙太, 桑江朝比呂. 2013. 沿岸域における大気–海水間CO2フラックスの文献調査と多変量解析. 土木学会第68回年次学術講演会. 千葉, VII-041. Oral

09) 渡辺謙太, 門谷茂, 桑江朝比呂. 2013. 元素比及び安定同位体比を用いた汽水ラグーン湖における有機物の起源推定. 日本地球惑星科学連合2013年大会. 千葉, MIS24-P04. Poster

08) 渡辺謙太, 桑江朝比呂. 2013. 安定同位体比を用いた河口域–海草藻場における有機態炭素の動態解析. 日本生態学会第60回大会. 静岡, P2-461. Poster

07) 渡辺謙太, 上野正博, 山下洋. 2012. 由良川・丹後海における生物生産構造―3. 河川流入と沿岸域の植物プランクトン生産. 平成24年度日本水産学会春季大会講演要旨集. 東京, p.50. Oral

06) 福﨑康司, 渡辺謙太, 福島慶太郎, 大槻あずさ, 白澤紘明, 鈴木伸弥, 上野正博, 山下洋, 吉岡崇仁. 2011. 由良川河口沿岸域における溶存有機物の光学的特性の分布と季節変化. 2011年度生物地球化学研究会現地セッション. 北海道, P10. Poster

05) 渡辺謙太, 福﨑康司, 秋山諭, 上野正博, 山下洋. 2011. 由良川河口域の植物プランクトン群集に対する河川の影響. 2011年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会講演要旨集. 高知, p.125. Poster

04) 秋山諭, 渡辺謙太, 上野正博, 山下洋. 2011. 由良川河口域における河川流量と近底層生物環境の関係. 2011年日本ベントス学会・日本プランクトン学会合同大会講演要旨集. 高知, p.112. Poster

03) 福﨑康司, 渡辺謙太, 福島慶太郎, 山下洋, 吉岡崇仁. 2011. 由良川河口域における溶存有機物の光学的特性および溶存鉄の濃度分布. 日本地球惑星科学連合2011年大会. 千葉, MIS023-P10. Poster

02) 渡辺謙太, 上野正博, 山下洋. 2011. 由良川河口域における植物プランクトン群集の季節変化. 平成23年度日本水産学会春季大会講演要旨集. 東京, p.60. Cancelled

01) 渡辺謙太, 上野正博, 山下洋. 2010. 由良川河口域における塩水遡上に伴う海産植物プランクトンのブルーム形成. 2010年日本プランクトン学会・日本ベントス学会合同大会講演要旨集. 千葉, p.70. Oral

その他講演会等

05) 所立樹, 渡辺謙太. 2017. 大気からのCO2の吸収. ブルーカーボンセミナー ―浅海によるCO2吸収・炭素貯留の科学・施策・実践―. 東京/神戸. Oral

04) 渡辺謙太. 2016. 東京湾の干潟における調整サービスの定量化. 第17回東京湾シンポジウム ―沿岸域の生態系サービスの定量化―. 神奈川. Oral

03) 渡辺謙太. 2016. 干潟における調整サービスの定量評価. 沿岸における生態系サービスや海洋健全度に関するセミナー. 神奈川. Oral

02) 渡辺謙太. 2016. ブルーカーボン: 沿岸生態系による地球温暖化対策. テクノオーシャン2016 一般向け公開講座 「海洋における地球温暖化の緩和策と適応策」. 兵庫. Oral

01) Watanabe, K. 2016. Carbon sequestration processes in shallow coastal ecosystems. The 4th KIOST–PARI–CDIT–WAVE Joint Workshop. Tokyo, Japan. Oral

ページの先頭へ戻る