グループ長:桑江 朝比呂

2017年9月26日更新

English Page

桑江 朝比呂 (くわえ ともひろ)
桑江 朝比呂 (くわえ ともひろ)

港湾空港技術研究所 沿岸環境研究領域 沿岸環境研究グループ
〒239-0826 神奈川県横須賀市長瀬3-1-1
Tel: +81-46-844-5046
Fax: +81-46-844-1274
E-mail: kuwae (at) ipc.pari.go.jp
 

港湾空港技術研究所 技術情報誌「PARI」Vol. 27の記事へ港湾空港技術研究所 技術情報誌「PARI」Vol. 16の記事へ港湾空港技術研究所 技術情報誌「PARI」Vol. 3の記事へ

研究に対する心構え(どんどん変わっていくと思いますが,現時点では・・・)

  1. 特定の学問分野にこだわらない,生物学・化学・物理学・工学のバランスがよい環境学
  2. 特定の生物や生態系にこだわらない,バランスのよい生態学
  3. しかし,発散を防ぐため,フィールドは浅海域にこだわる
  4. 正確・簡易な測定や解析につながる新しい手法・技術を模索
  5. 応用・実用性を意識した基礎研究

詳細は

港湾空港技術研究所 技術情報誌「PARI」Vol. 27の記事へ

港湾空港技術研究所 技術情報誌「PARI」Vol. 16の記事へ

興味を持っている研究テーマ

  1. 浅海域の物質循環・水質浄化に関すること
    生元素の動態,同位体比を用いた食物網の解析,浅海域におけるCO2の吸収や炭素貯留(ブルーカーボン)
  2. 干潟生物の生態に関すること
    シギ・チドリ類の生態・採餌行動,底生微細藻類・バクテリアの動態
  3. 浅海生態系の保全・再生・活用に関すること
    再生された生態系の発達過程や食物網構造の動態,生態系による減災効果

詳細は

港湾空港技術研究所 技術情報誌「PARI」Vol. 27の記事へ

港湾空港技術研究所 技術情報誌「PARI」Vol. 16の記事へ

所属学会

土木学会
日本生態学会
AAAS
International Wader Study Group

経歴など

1989年3月 千葉県立東葛飾高等学校卒業
1993年3月 京都大学農学部卒業
1995年3月 京都大学大学院農学研究科修了
1995年4月 運輸省港湾技術研究所 海洋環境部 海水浄化研究室 研究官
2001年10月-2009年3月 (独)港湾空港技術研究所 海洋・水工部 主任研究官
2001年11月 博士(農学) 取得 (論文博士 京都大学)
(タイトル: Biogeochemical Roles of Benthic Microorganisms in Intertidal Sandflats 砂質干潟における底生微生物の栄養塩循環に果たす役割)
2004年8月-2006年8月 日本学術振興会 海外特別研究員(Centre for Wildlife Ecology, Simon Fraser UniversityおよびCanadian Wildlife Service, Environment Canada)
2008年4月-2013年3月 東京都市大学(旧武蔵工業大学)工学部都市工学科 客員准教授
2009年4月-2016年3月 港湾空港技術研究所  沿岸環境研究チームリーダー
2010年4月-2017年3月

熊本大学沿岸域環境科学教育研究センター客員教授

2016年4月-現在

港湾空港技術研究所  沿岸環境研究グループ長

主要発表論文(英文)

  • Morita, A., Touyama, S., Kuwae, T., Nishimura, O., and Sakamaki, T. (2017) Effects of watershed land-cover on the biogeochemical properties of estuarine tidal flat sediments: a test in a densely-populated subtropical island, Estuarine, Coastal and Shelf Science, 184: 207-213(Link
  • Akhand, A., Chanda, A., Manna, S., Das, S., Hazra, S., Roy, R., Choudhury, S. B., Rao, K. H., Dadhwal, V. K., Chakraborty, K., Mostofa, K. M. G., Tokoro, T., Kuwae, T., Wanninkhof, R. (2016) A comparison of CO2 dynamics and air-water fluxes in a river-dominated estuary and a mangrove-dominated marine estuary, Geophysical Research Letters, 43, 11726-11735 (Link)
  • Watanuki, Y., Yamashita, A., Ishizuka, M., Ikenaka, Y., Nakayama, S. M. M., Ishii, C., Yamamoto, T., Ito, M., Kuwae, T., and Trathan, P. N. (2016) Feather mercury concentration in streaked sheawaters wintering in separate areas of southeast Asia. Marine Ecology Progress Series, 546: 263-269 (Link)
  • Kuwae, T., Kanda, J., Kubo, A., Nakajima, F., Ogawa, H., Sohma, A., and Suzumura, M. (2016) Blue carbon in human-dominated estuarine and shallow coastal systems. Ambio, 45: 290-301 (論文のPDF)
  • Watanabe, K., and Kuwae, T. (2015)  Radiocarbon isotopic evidence for assimilation of atmospheric CO2 by the seagrass Zostera marina. Biogeosciences, 12: 6251-6258 (論文のPDF)

 研究の概要

  • Watanabe, K., and Kuwae, T. (2015) How organic carbon derived from multiple sources contributes to carbon sequestration processes in a shallow coastal systems? Global Change Biology, doi: 10.1111/gcb.12924 (論文のPDF)

 研究の概要

  • Jardine, C.B., Bond, A. L., Davidson, P. J. A.,Butler, R. W., and Kuwae, T. (2015) Biofilm consumption and variable diet composition of Western Sandpipers (Calidris mauri) during migratory stopover. PLoS ONE, 10: e0124164 (論文のPDF)
  • Takahashi, A., Ito, M., Suzuki, Y., Watanuki, Y., Thiebot, J. P., Yamamoto, T., Iida, T., Trathan, P., Niizuma, Y., and Kuwae, T. (2015) Migratory movements of rhinoceros auklets in the northwestern Pacific: connecting seasonal productivities. Marine Ecology Progress Series, 525: 229-243 (論文のPDF)
  • Hosokawa, S., Nakaoka, M., Miyoshi, E., and Kuwae, T. (2015) Seed dispersal in the seagrass Zostera marina is mostly within the parent bed in a protected bay. Marine Ecology Progress Series,523: 41-56. (論文のPDF)
  • Yamamoto, S., Kayanne, H., Tokoro, T., Kuwae, T., and Watanabe, A. (2015)Total alkalinity flux in coral reefs estimated from eddy covariance and sediment pore-water profiles. Limnology and Oceanography, 60: 229-241 (論文のPDF)
  • Tokoro, T., Hosokawa, S., Miyoshi, E., Tada, K., Watanabe, K., Montani, S., Kayanne, H., and Kuwae, T.(2014): Net uptake of atmospheric CO2 by coastal submerged aquatic vegetation. Global Change Biology: 20: 1873-1884. (論文のPDF)

      研究の概要

  • Sassa, S., Watabe, Y., Yang, S., and Kuwae, T. (2013): Ecological geotechnics: Role of waterfront geoenvironment as habitats in the activities of crabs, bivalves, and birds for biodiversity restoration. Soils and Foundations 53: 246-258. (論文のPDF)
  • Hatano, T., Murakami, K., Ishii, H., Kadowaki, A., Kuwae, T., and Nakase, K. (2013): Characteristics of nitrogen and phosphorus budgets at a tidal flat in Tokyo Port Wild Bird Park. Journal of JSCE 1: 145-161. (論文のPDF)
  • Kuwae, T., Miyoshi, E., Hosokawa, S., Ichimi, K., Hosoya, J., Amano, T., Moriya, T., Kondoh, M., Ydenberg, R. C., and Elner, R. W. (2012): Variable and complex food web structures revealed by exploring missing trophic links between birds and biofilm. Ecology Letters 15: 347-356. (論文のPDF)

    本論文は,Faculty of 1000で2名の研究者に推薦されています!

    Lafferty K: " The idea that some shorebirds are scum-sucking members of food webs might not have an intuitive appeal, but it does change the way that we view their ecological roles and needs. This paper does a very nice job of quantifying several aspects of this issue. I was impressed that the authors combined observations, isotope analysis, and morphological analysis to evaluate the importance of scum sucking

    Lawler S: "Kuwae et al. surprised ecologists and ornithologists in 2008 by showing that intertidal biofilm is..."


    推薦文の詳細 推薦文の和訳


    投稿写真がEcology Letters誌の表紙に選ばれました!


    研究の概要
  • Sassa, S., Watabe, Y., Yang, S., and Kuwae, T. (2011): Burrowing criteria and burrowing mode adjustment in bivalves to varying geoenvironmental conditions in intertidal flats and beaches. PLoS ONE 6: e25041. (論文のPDF)
  • Kuwae, T., Miyoshi, E., Sassa, S., and Watabe, Y. (2010): Foraging mode shift in varying environmental conditions by dunlin Calidris alpina. Marine Ecology Progress Series 406: 281-289. (論文のPDF)
  • Takai, N., Takatsu, E., Sawairi, Y., Kuwae, T., and Yoshihara, K. (2010): Transport and deposition of macrophytes to the dysphotic bottom of coastal waters. Aquatic Botany 92: 289-293. (出版社へのLink)
  • Hosokawa, S., Nakamura, Y., and Kuwae, T. (2009): Increasing temperature induces shorter leaf life span in an aquatic plant. Oikos 118: 1158-1163. (論文のPDF)
  • Kuwae, T., Beninger, P. G., Decottignies, P., Mathot, K. J., Lund, D. R., and Elner, R. W. (2008): Biofilm grazing in a higher vertebrate: the Western Sandpiper, Calidris mauri. Ecology 89:599-606. (論文のPDF)

    Ecology 誌のFeatured Articleに選ばれました!
    The Bulletin of the Ecological Society of Americaに掲載された記事
     
  • Sohma, A., Sekiguchi, Y., Kuwae, T., and Nakamura, Y. (2008): A benthic-pelagic coupled ecosystem model to estimate the hypxic estuary including tidal flat ? model description and validation of seasonal/daily dynamics. Ecological Modelling 215:10-39. (出版社へのLink)
  • Kuwae, T. (2007): Diurnal and nocturnal feeding rate in Kentish plovers Charadrius alexandrinus on an intertidal flat as recorded by telescopic video systems. Marine Biology 151:663-673. (論文のPDF)
  • Takai, N., Ishida, S., Okazaki, Y., Hoshika, A., Kuwae, T., and Yoshihara, K. (2007): Carbon source and trophic position of pelagic fish in the coastal waters of the southeastern Izu Peninsula, Japan, identified by stable isotope analyses. Fisheries Science 73:593-608. (出版社へのLink)
  • Kuwae, T., Kamio, K., Inoue, T., Miyoshi, E., and Uchiyama, Y. (2006): Oxygen exchange flux between sediment and water in an intertidal sandflat, measured in situ by the eddy-correlation method. Marine Ecology Progress Series 307:59-68. (論文のPDF)
  • Kuwae, T., Kibe, E., and Nakamura, Y. (2003): Effect of emersion and immersion on the porewater nutrient dynamics of an intertidal sandflat in Tokyo Bay. Estuarine, Coastal and Shelf Science 57:929-940. (論文のPDF)
  • Kuwae, T. (2002) Factors affecting nutrient cycling in intertidal sandflats. Report of Port and Airport Research Institute 41(1): 91-134. (論文のPDF)
  • Kuwae, T., and Hosokawa, Y. (2000): Mesocosm experiments for the restoration and creation of intertidal flat ecosystems. Environmental Sciences 7:129-137. (論文のPDF)
  • Kuwae, T., and Hosokawa, Y. (1999): Determination of abundance and biovolume of bacteria in sediments by dual staining with 4',6-diamidino-2-phenylindole and acridine orange: relationship to dispersion treatment and sediment characteristics. Applied and Environmental Microbiology 65:3407-3412. (論文のPDF)
  • Kuwae, T., Hosokawa, Y., and Eguchi, N. (1998): Dissolved inorganic nitrogen cycling in Banzu intertidal sand-flat, Japan. Mangroves and Salt Marshes 2:167-175. (論文のPDF)

主要発表論文・著書(和文)

 

  • 中西佑太郎・中山恵介・中川康之・田多一史・茂木博匡・桑江朝比呂(2017)波・流れ場とアマモの連成モデルの開発.土木学会論文集B3-73(海洋開発):Ixxxx-Ixxxx.(論文のPDF)
  • 中山恵介・駒井克昭・Robert W. Elner・桑江朝比呂(2017)Roberts Bank tidal flatにおける干潟内流動と塩分濃度.土木学会論文集B3-73(海洋開発):Ixxxx-Ixxxx.(論文のPDF)
  • 堀正和・桑江朝比呂(編著)(2017)ブルーカーボン 浅海におけるCO2隔離・貯留とその活用.地人書館,254 p.(出版社へのリンク)本を編集し,分担執筆しました!
  • 岡田知也・井芹絵里奈・三戸勇吾・高橋俊之・高濱繁盛・秋山吉寛・渡辺謙太・棚谷灯子・杉野弘明・徳永佳奈恵・久保雄広・桑江朝比呂(2016)比較順位法を用いた生物多様性と教育に関する干潟の生態系サービスの経済評価の検討.土木学会論文集B2-72(海岸工学):I1453-I1458.(論文のPDF)
  • 田多一史・中山恵介・所立樹・渡辺謙太・桑江朝比呂(2016)湧水に着目したコムケ湖の水質変動特性の把握.土木学会論文集B2-72(海岸工学):I1363-I1368.(論文のPDF)
  • 茂木博匡・中川康之・渡辺謙太・所立樹・門谷茂・桑江朝比呂(2016)植生が浅海域の流動場にもたらす影響に関する現地調査と流動モデルによる数値解析.港湾空港技術研究所報告 55(2):35-60.(論文のPDF)
  • 桑江朝比呂(2016)渦相関法を用いた堆積物-海水境界面における酸素フラックスの直接測定.海洋理工学会誌22:47-56.(論文のPDF)
  • 桑江朝比呂(2016)再生された干潟における生態系の発達と自律安定.水環境学会誌 39:120-124.(論文のPDF)
  • 桑江朝比呂(2016)河口浅海域におけるブルーカーボン-二酸化炭素の吸収および炭素隔離.用水と廃水  58:60-66.(論文のPDF)
  • 田多一史・中山恵介・所立樹・渡辺謙太・桑江朝比呂(2016)春季出水期におけるコムケ湖の水質変動解析と大気-海水間CO2フラックスの推定.土木学会論文集B3-72(海洋開発):I982-I987.(論文のPDF)
  • 中山恵介・駒井克昭・Robert W. Elner・桑江朝比呂(2016)Roberts Bank tidal flatにおけるbiofilm形成に重要な物理・沿岸環境の要因解析.土木学会論文集B3-72(海洋開発):I1063-I1068.(論文のPDF)
  • 渡辺謙太・桑江朝比呂・三戸勇吾・高橋俊之・大西晃輝・井芹絵里菜・秋山吉寛・吉田稔・鳥羽光晴・岡田知也(2015)干潟における調整サービスの現況・持続可能性の定量評価.土木学会論文集B2-71(海岸工学):I1483-I1488.(論文のPDF)
  • 岡田知也・高橋俊之・三戸勇吾・菅野孝則・井芹絵里菜・秋山吉寛・渡辺謙太・鈴木高二朗・吉田稔・鳥羽光晴・桑江朝比呂(2015)干潟が有する海岸保護・港湾機能の定量的評価手法.土木学会論文集B2-71(海岸工学):I1651-I1656.(論文のPDF)
  • 田多一史・所立樹・渡辺謙太・茂木博匡・桑江朝比呂(2015)国内の様々な浅海域における海水中CO2分圧の実測と統計モデルによる予測.土木学会論文集B2-71(海岸工学):I1333-I1338.(論文のPDF)
  • 所立樹・桑江朝比呂(2015)渦相関法による沿岸域の大気中CO2吸収・放出量のデータ品質管理.土木学会論文集B2-71(海岸工学):I1747-I1752.(論文のPDF)
  • 所立樹・渡辺謙太・田多一史・桑江朝比呂(2015)港湾におけるブルーカーボン(CO2吸収と炭素隔離)の計測手法のガイドライン.港湾空港技術研究所資料 No.1309. (論文のPDF)
  • 岡田知也・井芹絵里菜・三戸勇吾・高橋俊之・秋山吉寛・渡辺謙太・吉田稔・桑江朝比呂(2015)干潟域における文化的サービスの定量的評価.土木学会論文集B3-71(海洋開発):I838-I843(論文のPDF)
  • 田多一史・所立樹・渡辺謙太・茂木博匡・桑江朝比呂(2014)アマモ場における大気-海水間CO2フラックスの連続観測.土木学会論文集B2-70(海岸工学):I1191-I1195.(論文のPDF)
  • 田多一史・所立樹・渡辺謙太・茂木博匡・桑江朝比呂(2014)北海道コムケ湖における大気-海水間のCO2フラックスの空間分布特性と要因分析.土木学会論文集B3-70(海洋開発):I1176-I1181.(論文のPDF)
  • 田多一史・所立樹・渡辺謙太・桑江朝比呂(2013)浅海域における大気-海水間CO2フラックスの予測手法の検討.土木学会論文集B2-69(海岸工学): I1252-I1257.(論文のPDF)
  • 岡田知也・川上佐知・三戸勇吾・高濱繁盛・羽原浩史・鈴木浩二朗・森田健二・関正彦・菅家英朗・桑江朝比呂(2013)海洋健全度を用いた沿岸環境の定量的評価手法の提案.土木学会論文集B2-69(海岸工学): I1241-I245.(論文のPDF)
  • 篠崎知美・村上和男・梅田悠輔・桑江朝比呂(2013)干潟堆積物における脱窒・アナモックス速度とその要因.土木学会論文集B2-69(海岸工学): I1146-I1150.(論文のPDF)
  • 渡辺謙太・桑江朝比呂(2013)浅海域における炭素隔離機能の評価へ向けた元素比・安定同位体比による有機物導体の解析.港湾空港技術研究所報告52巻第3号,pp. 3-34. (論文のPDF
  • 京田潤一・桑江朝比呂(2013)現地観測データと衛星画像の統合による海草藻場の分布域と密度の測定.港湾空港技術研究所資料,No.1273: 1-17. (論文のPDF
  • 田多一史・所立樹・渡辺謙太・桑江朝比呂(2013)北海道風蓮湖における大気-海水間CO2フラックスに影響を及ぼす要因.土木学会論文集(海洋開発)B3-69: I1416-I1420. (論文のPDF
  • 所立樹・細川真也・三好英一・門谷茂・茅根創・桑江朝比呂(2013)沿岸域のブルーカーボンと大気中CO2の吸収との関連性に関する現地調査と解析.港湾空港技術研究所報告52(1): 3-49. (論文のPDF
  • 桑江朝比呂・三好英一(2012)鳥類の食性の探究による干潟生態系の保全と再生.港湾空港技術研究所報告51(3): 3-75. (論文のPDF)
  • 桑江朝比呂・三好英一(2012)小型シギ類における未知の餌の探究を通じた干潟生態系の再生.土木学会論文集B2-68(海岸工学): I1176-I1180.(論文のPDF)
  • 杉浦琴・高橋正一・三好英一・中村由行・桑江朝比呂(2012)貧酸素および硫化水素が干潟の生物に与える影響に関するメソコスム実証実験.水産工学 49: 101-111.(論文のPDF)
  • 京田潤一・細川真也・渡辺健太郎・仲岡雅裕・柴沼成一郎・門谷茂・桑江朝比呂(2012)現地観測データと衛星画像を用いた海草藻場の分布域と被度の推定.土木学会論文集B2-68(海岸工学): I1466-I1470.(論文のPDF)
  • 秦野拓見・村上和男・石射広嗣・門脇麻人・桑江朝比呂・中瀬浩太(2010)東京港野鳥公園干潟における窒素・リン収支の特性.土木学会論文集B66:419-433. (論文のPDF)
  • 内藤了二・中村由行・浦瀬太郎・桑江朝比呂・田中宏明(2010)ダイオキシン類振とう溶出試験に及ぼす影響因子.水環境学会誌,33: 87-96. (論文のPDF)
  • 桑江朝比呂(2008)干潟におけるシギ類の食物資源としての底生微生物皮膜,pp 85-96,富永修・高井則之編,水産学シリーズ159 安定同位体スコープで覗く海洋生物の生態-アサリからクジラまで,恒星社厚生閣,165 p.(出版社Link)
  • 桑江朝比呂・中川康之・三好英一(2008)海底境界面における酸素消費速度ー渦相関法による現地連続観測ー.海岸工学論文集 55: 1001-1005. (論文のPDF)
  • 桑江朝比呂・神尾光一郎・井上徹教・三好英一・内山雄介(2006)堆積物による酸素消費と生成ー渦相関法を適用した新たな測定方法の開発ー.海岸工学論文集 53: 1411-1415. (論文のPDF)
  • 桑江朝比呂(2005)造成された干潟生態系の発達過程と自律安定性.土木学会論文集 No. 790/VII-35: 25-34.(論文のPDF)

    (平成17年度土木学会論文奨励賞受賞論文)
     
  • 桑江朝比呂(2005)干潟,pp 223-230,亀山章・倉本宣・日置佳之編,自然再生:生態工学的アプローチ,ソフトサイエンス社,264 p.
  • 桑江朝比呂・三好英一・小沼晋・井上徹教・中村由行(2004)干潟再生の可能性と干潟生態系の環境変化に対する応答-干潟実験施設を用いた長期実験-.港湾空港技術研究所報告 43(1): 21-48.(論文のPDF)
  • 桑江朝比呂・河合尚男・赤石正廣・山口良永(2003)三河湾の造成干潟および自然干潟に飛来する鳥類群集の観測とシギ・チドリ類が果たす役割.海岸工学論文集 50: 1256-1260. (論文のPDF)
  • 桑江朝比呂・三好英一・小沼晋・中村由行・細川恭史(2002)干潟実験生態系における底生動物群集の6年間にわたる動態と環境変化に対する応答.海岸工学論文集 49: 1296-1300. (論文のPDF)
  • 桑江朝比呂・細川恭史・木部英治・中村由行(2000)メソコスム実験による人工干潟の水質浄化機能の評価.海岸工学論文集 47: 1096-1100. (論文のPDF)
  • 桑江朝比呂・細川恭史・小笹博昭(2000)メソコスム実験による人工干潟の生物生息機能の評価.海岸工学論文集 47: 1101-1105. (論文のPDF)
  • 桑江朝比呂・細川恭史・古川恵太・三好英一・木部英治・江口菜穂子(1997)干潟実験施設における底生生物群集の動態.港湾技術研究所報告 36(3): 3-35.(論文のPDF)
  • 吉田陽一・中原紘之・桑江朝比呂(1996)琵琶湖北湖諸港におけるアオコの異常発生機構.日本水産学会誌 62: 230-235. (論文のPDF)

競争的研究資金取得状況

  • (独)日本学術振興会,科学研究費補助金 基盤研究(C),H28-H30,「魚類における放射性セシウム蓄積機構の解明:食物網仮説の検証」研究分担者.
  • 環境省環境研究総合推進費「気候変動の緩和策と適応策の統合的戦略研究(S-14),H27-H31,「沿岸生態系の緩和・適応策の経済評価に関する研究」研究代表者(Link)
  • (独)日本学術振興会,科学研究費補助金 基盤研究(A),H27-H31,沿岸底生生態-地盤環境動態の統合評価予測技術の開発,研究分担者
  • (独)日本学術振興会,科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究,H26-H28,気液固相中の炭素安定同位体測定手法開発によるブルーカーボン研究の新基盤技術創出,研究代表者.
  • (独)日本学術振興会,科学研究費補助金 基盤研究(C),H25-H27,アユ冷水病の発生メカニズムの解明,生活史履歴からのアプローチ,研究分担者.
  • (独)日本学術振興会,科学研究費補助金 基盤研究(B),H24-H28,シギ・チドリ類におけるバイオフィルム採餌:適応的な形態と行動の実証,研究代表者.
  • (独)日本学術振興会,科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究,H24-H25,CO2とO2フラックスの長期広範囲連続計測法開発によるブルーカーボン研究基盤創出,研究代表者.
  • 第3回キヤノン財団「理想の追求」,H24-H26,都市型ブルーカーボン:新たな沿岸海域炭素循環像の構築,研究代表者.
  • (独)科学技術振興機構,戦略的創造研究推進事業CREST,H24-H29,海洋生物多様性および生態系の保全・再生に資する基盤技術の創出領域,海洋生物群集の非線形応答解明のためのリアルタイム野外実験システムの開発,研究分担者.
  • (独)日本学術振興会,科学研究費補助金 基盤研究(C),H22-H24,漁業被害対策としてのカワウ駆除の有効性:多角的アプローチによる効果検証,研究分担者.
  • 三井物産(株),三井物産環境基金 2008年度研究助成,H21-H23,知床を対象とした気候変動による寒冷地域の生態系システムへの影響評価,研究分担者.
  • (独)日本学術振興会,科学研究費補助金 若手研究(A),H20-H24,鳥類の新たな餌資源としてのバイオフィルムを考慮した干潟・湿地の保全,研究代表者.
  • (独)日本学術振興会,科学研究費補助金 基盤研究(B),H20-H22,干潟生態地盤学の展開による生物適合場の解明と生物住環境診断チャートの作成,研究分担者.
  • (財)住友財団,2008年度環境研究助成,H20-H21,世界遺産"知床"を例とした同位体比および分布型流出モデルによる栄養塩循環過程の解明,研究分担者.
  • 環境省,地球環境研究総合推進費 平成19年度地球環境研究革新型研究課題,H19-H20,再懸濁現象の海洋環境変動への影響解明に向けた海底境界での物質動態詳細測定法の開発,研究分担者.
  • (独)日本学術振興会,科学研究費補助金 基盤研究(B),H18-H20,保全/修復を目的とした干潟地盤環境の評価と設計技術に関する研究,研究分担者.
  • (独)日本学術振興会,平成16年度海外特別研究員,H16-H18,干潟に飛来する鳥類の採餌が干潟の物質循環へ与える影響,研究代表者.
  • (独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構,H14-H16,平成14年度運輸分野における基礎的研究推進制度,現場調査による干潟・浅海域生態系における酸素循環過程の解明,研究代表者.
  • (独)日本学術振興会,科学研究費補助金 基盤研究(A),H14-H15,硝酸態窒素を蓄積するイオウ酸化細菌の動態解析と数理モデル化による環境影響評価,研究分担者.

受賞歴

  • 平成18年5月:平成17年度土木学会論文奨励賞「造成された干潟生態系の発達過程と自律安定性」(単名),(社)土木学会
  • 平成22年4月:平成22年度文部科学大臣表彰若手科学者賞「干潟生態系の構造・機能とその保全の研究」(単名),文部科学省
  • 平成26年6月:平成25年度地盤工学論文賞(英文部門)「Ecological geotechnics: role of waterfront geoenvironment as habitats in the activities of crabs, bivalves, and birds for biodiversity restoration」 (共同),(社)地盤工学会

対外発表論文一覧

対外発表論文

ページの先頭へ戻る