津波防災に係るジョイント・シンポジウム(2016.01.12)

津波防災に係るジョイント・シンポジウム:
第6回日本・チリ津波防災シンポジウム & 第15回国際沿岸防災ワークショップ

English

主 催: 国土交通省港湾局 (MLIT)、国立研究開発法人港湾空港技術研究所 (PARI)、国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST)、独立行政法人国際協力機構 (JICA)、一般財団法人沿岸技術研究センター (CDIT)

言 語: 日本語・英語・西語の同時通訳 

土木学会 継続教育(CPD) 認定プログラム
  認定番号:JSCE16-0012
単位数:6.2

和文プログラム

English Agenda

日時・場所

日 時: 2016年1月12日(火) 10:00~18:00 (受付開始 9:30)

場 所: 建築会館ホール (東京都港区芝5-26-20  http://www.aij.or.jp/jpn/guide/map.htm )

アクセス:都営浅草線三田駅 徒歩3分、JR山手線田町駅 徒歩3分

開催概要

2010年チリ・マウレ地震および2011年東北地方太平洋沖地震による甚大な津波災害を契機として、日本とチリの間の国際共同研究「津波に強い地域づくり技術の向上に関する研究」(2012年1月~2016年3月)が、JSTとJICAによる地球規模対応国際技術協力プログラム(SATREPS)の下で実施されてきました。

プロジェクトでは、東日本大震災の教訓やこれまでの日本の津波防災に係るハードおよびソフト技術が日本からチリに、2010年マウレ地震、2014年ピサグア地震および2015年イジャペル地震における津波災害の経験がチリから日本に伝えられ、津波に強い地域をつくり、市民を育成するために,①津波被害推定技術、②津波被害予測手法および被害軽減対策、③高い精度の津波警報手法、および④津波災害に強い市民および地域づくりのためのプログラムを研究開発してきました。プロジェクトの最後のこのシンポジウムでは、プロジェクト成果やその社会実装手法について報告いたします。加えて、チリやその他世界における津波脆弱地域の研究者や技術者から、世界の津波対策の動向を紹介いただきます。

MLIT、PARIおよびCDITは、2014年インド洋津波を契機として、国際沿岸防災シンポジウムを世界各地で実施してきました。このジョイント・シンポジウムでは、SATREPSチリプロジェクトと連携して、今後の津波防災の方向性、国際協力の在り方などを議論します。

プログラム 

開会式(10:00~10:40)

あいさつ 高橋重雄、港湾空港技術研究所理事長

あいさつ Antonia Bordas、チリ国公共事業省港湾局長

あいさつ 大脇 崇、国土交通省大臣官房技術総括審議官

あいさつ Patricio Torres、駐日チリ大使

基調講演(10:50~11:50)

津波に対する粘り強い構造物の開発に向けて~東日本大震災から学んだ教訓~

高山知司,京都大学名誉教授,沿岸技術研究センター沿岸防災研究所長

プロジェクト成果報告(13:00~15:30)

津波防災に関する技術開発と国際協力~津波に関するSATREPSチリ~

富田孝史,港湾空港技術研究所

タルカワノにおける2010年津波の影響に関する数値計算

ロドリゴ・シエンフエゴス,カトリック教皇大学

津波ハザードマップガイドライン

ラファエル・アランギス,カトリック大学コンセプション校

津波対策メニュー

高橋智幸,関西大学

チリにおける早期津波警報のための津波シナリオデータベース

パトリシオ・カタラン,フェデリコサンタマリア工科大学

チリの津波警報システムへの観測の観点からの更なる提案

馬場俊孝,徳島大学

チリおよび日本における津波防災のための教育と訓練

三浦房紀,山口大学,

スカル・シフエンテス,コンセプション大学,

マウリシオ・レイジェス,バルパライソ大学

チリの港湾におけるBCP活用とWG4bで開発したその準備手法に関する検討

フェリペ・カセリ,バルパライソ大学

BCM技術の更なる改良に向けた補足

小野憲司,京都大学

パネルディスカッション(16:00~17:50)

テーマ:  これからの津波防災と国際協力

インドネシアにおける津波防災~海岸セットバックラインの適用~

   スバンドノ ディポサプトノ・アブドゥル ムハリ,インドネシア・海洋水産省

フィリピンにおける津波防災

 レナート・ソリドゥーム,フィリピン・火山地震研究所

トルコにおける津波ハザード評価と減災戦略に関する共同研究

 ジェレン・オザール,トルコ・ボアズィチ大学

JICAの災害リスク低減戦略~レジリエントな社会に向けて~

 平野潤一,国際協力機構

高橋智幸,関西大学,SATREPSチリプロジェクト

富田孝史,港湾空港技術研究所(モデレーター)

閉会式(17:50~18:00)

あいさつ 藤井敏嗣 科学技術振興機構研究主幹

和文プログラム

English Agenda

ページの先頭へ戻る