イキケ沖地震津波の現地調査報告会(2014.05.29)

開催概要 

日時: 2014年5月29日(木) 13:00~14:30

場所: 科学技術振興機構(JST)・東京本部別館 (K’s五番町)

概要: 2014年4月1日午後8時47分(現地時刻)、SATREPSチリプロジェクトで研究のパイロットサイトの一つにしているイキケの沖合でMw8.2の地震が発生した。この地震は津波を発生させ、チリ北部地域の海岸に押し寄せた。一方、住民は避難して、津波による犠牲者はなかったと言われている。本報告会では、この地震・津波に対して行った痕跡高、避難実態、イキケ市やイキケ港における対応状況などについて行った現地調査の内容および結果(速報)を紹介する。

報告内容 (〇報告者):

  • 2014年4月1日イキケ沖地震津波の現地調査報告 (〇富田孝史・熊谷兼太郎・Cyril Mokrani・松井均) PDF3.0MB
  • 2014年イキケ沖地震における津波避難聞き取り調査速報  (〇村上ひとみ・奥村与志弘) PDF14.7MB
  • イキケ市およびイキケ港の地震対応  (〇三浦房紀・小野憲司) PDF2.5MB

ページの先頭へ戻る