沿岸環境研究グループ

沿岸環境研究グループでは、快適な国土の形成に資するため、閉鎖性海域の水質・底質の改善に関する研究や沿岸生態系の保全・回復に関する研究に取り組んでいます。

沿岸環境研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野)

ごあいさつ

グループ長 桑江 朝比呂
私たちの研究グループでは、(1)干潟・藻場の自然再生、(2)沿岸域における水底質の改善、(3)沿岸生態系や木材バイオマスを利用した低炭素社会づくりに貢献する基礎研究や技術開発をすすめております。現地観測や実験施設(干潟やアマモ場のメソコスム、海水暴露水槽)での実験、実験室での化学・生物分析を主力としております。様々な専門分野のメンバーが集まっており、学際的なアプローチを重視しつつ課題解決に取り組んでおります。詳細は研究グループのウェブサイト入口をクリックしてください。

主任研究官 山田 昌郎 (木材の海洋利用)

研究官 渡辺 謙太 (海洋生物地球科学)

研究官 棚谷 灯子 (サンゴ礁保全)

 

主な研究内容

干潟とアマモ場
写真
干潟・藻場を再生するための研究に取り組んでいます。

水底質の改善技術
写真
沿岸の水質や底質を健全な状態に改善するための研究に取り組んでいます。

沿岸域における炭素固定
写真
沿岸生態系による炭素固定に関する研究に取り組んでいます。

大気-水-堆積物における物質の動態
写真
大気-水-堆積物における二酸化炭素・酸素・栄養塩などの動態を調べています。

鳥類の生態
写真
干潟に飛来するシギ・チドリの生態を調べています。

木材を食べる海洋生物(キクイムシ)
写真
キクイムシやフナクイムシなどの海虫類による木材の食害について調べています。

研究施設

研究施設の詳細は、「研究施設のご紹介」でご覧いただけます。

干潟実験施設
メソコスム実験水槽

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る