沿岸土砂管理研究グループ

海岸線や沖合の海底に堆積している砂や泥は、波や潮流の力によって海の中を動いています。このような海底土砂の移動現象は、海浜における侵食問題や港湾の埋没問題、閉鎖性内湾では水質悪化など環境問題の原因になります。沿岸土砂管理研究グループでは、これら海底土砂の移動に関わる諸問題の原因解明とその対策に関する研究をしています。

沿岸土砂管理研究グループ(Webサイト)

メンバー紹介(研究分野)

ごあいさつ

グループ長 (中川 康之)
海の底は砂や泥など様々な堆積物により構成されています。われわれ沿岸土砂管理研究グループも、個性豊かな多様な研究者で構成されており、現地観測や実験を通じた自然現象の解明に努めています。

上席研究官  中村 聡志 (海浜変形解析担当)

研究官  伴野 雅之 (海岸工学)

研究官  小硲 大地

主な研究内容

内湾域での底質輸送・・・河川を通じて流入する懸濁物の輸送・堆積過程について調べる。

海底境界での物質輸送写真
潮流や波などの力による海底堆積物の再懸濁現象について調べる。

砕波帯内の波、流れ、地形変化写真
現地データを基に、波と流れ、地形変化との関係を調べる。

後浜における底質移動と地形変化
写真後浜における地形変化と植生について調べる。

研究施設

研究施設の詳細は、「研究施設のご紹介」でご覧いただけます。

海底流動実験水槽

波崎海洋研究施設

お問い合わせ


お問い合わせ

ページの先頭へ戻る